全1185文字

 トヨタ自動車は、小型SUV(多目的スポーツ車)「C-HR」の自動ブレーキを、交差点の右左折に対応させた。同機能を備えた自動ブレーキを、2020年8月4日に発売した同車の部分改良車に搭載した。

 トヨタの車両では現在、小型車「ヤリス」とレクサスブランドの中型セダン「IS」の自動ブレーキが交差点に対応している。今回の部分改良車は、交差点対応の自動ブレーキを搭載する3車種目となる(図1)。

「C-HR」の部分改良車
図1 「C-HR」の部分改良車
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 C-HRが属する日本の小型SUV市場は、ホンダの「ヴェゼル」や日産自動車の「キックス」、マツダの「CX-30」など多くの競合車が参入する激戦区である。ただ、これらの車両の自動ブレーキは現在、交差点に対応していない。トヨタのC-HRは自動ブレーキの交差点対応で、競合車に先行した注1)

注1)C-HRの部分改良車とヤリス、レクサスIS以外では現在、ホンダの小型車「フィット」の自動ブレーキが交差点に対応する。SUBARU(スバル)も、2020年後半に発売する新型ステーションワゴン「レヴォーグ」で対応させる。

 C-HRの部分改良車には、ヤリスやレクサスISと同じトヨタの最新の先進運転支援システム(ADAS)「Toyota Safety Sense(第2世代):TSS2」の改良版を搭載した。同システムのセンサーには、単眼カメラとミリ波レーダーを使う。

 このうち、主に単眼カメラのソフトウエアを改良して、自動ブレーキを交差点に対応させた。カメラのハードウエアの仕様は変更していない(関連記事)。この改良型カメラを使い、交差点の右折時における対向車や、右左折時に前方から横断してくる歩行者を検知して、自動でブレーキをかける注2)

注2)TSS2の自動ブレーキは交差点対応に加えて、昼間の車両や歩行者、自転車、街灯がない環境下における夜間歩行者にも対応している。