全1744文字

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンは2020年8月19日、ITを活用して交通・移動手段を高度化するMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)分野の取り組みに関するオンライン記者説明会を開催した。

小田急電鉄の「EMot(エモット)」アプリの電子チケット機能
小田急電鉄の「EMot(エモット)」アプリの電子チケット機能
(出所:小田急電鉄)
[画像のクリックで拡大表示]

 小田急電鉄がAWS(Amazon Web Services)のクラウド基盤を活用してMaaSアプリ「EMot(エモット)」を開発した事例を紹介。交通事業者にとって「異業種連携を伴う新規事業」という側面を持つMaaS分野におけるAWSの使い勝手の良さを強調した。

 小田急の西村潤也経営戦略部次世代モビリティチーム統括リーダーは、人の外出が減っている新型コロナウイルス禍の状況でもMaaS分野の機能・サービス拡充を継続する方針を示した。「我々鉄道事業者も厳しい経営環境下にある。だが、会いたい人に会ったり新しい風景を見たりするための移動は人の文化的な生活にとって必要不可欠だ。列車の混雑予測など新型コロナ対策の機能を拡充しつつ、MaaSを通じて人が移動による便益を享受しやすくする仕組みを作っていく」と述べた。

 小田急のEMotアプリは、鉄道・バスやタクシーなどを組み合わせた複合経路検索や、神奈川県の箱根地区などで鉄道・バスや施設などの利用に使える電子チケットの購入・決済の機能を備える。アプリには小田急の名前が入っておらず、他の交通事業者ともオープンにシステム連携しやすくしているのも特徴だ。既に浜松市を地盤とする遠州鉄道がEMot上で浜名湖周辺の鉄道・バスや遊覧船に乗れるフリーパスなどの電子チケットを販売している。