全1141文字

 日産自動車は、背高ワゴンタイプの軽自動車「デイズ」の先進運転支援システム(ADAS)センサーにミリ波レーダーを追加した。同レーダーを搭載して予防安全性能を強化した部分改良車を、2020年8月20日に発売した(図1)。

「デイズ」の部分改良車
図1 「デイズ」の部分改良車
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 日産が6年ぶりに全面改良して19年3月に発売した現行車は、ADASセンサーとして単眼カメラと超音波センサーを搭載していた。今回の部分改良でミリ波レーダーを追加したことで、前方車との衝突を予測して運転者に警告する機能「インテリジェントFCW(前方衝突警報)」の提供が可能になった。

 同機能では、前部グリル下部に装着したミリ波レーダーを用いて、前方を走行する2台前の車両を検知する。2台前の車両が急減速したことなどで、1台前の車両と自車の衝突の危険があるとシステムが判断すると、警報によって運転者に注意を促す(図2)。

FCWの作動イメージ
図2 FCWの作動イメージ
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 同機能は既に、日産の中型セダン「スカイライン」や中型ミニバン「セレナ」、超背高ワゴンタイプの軽自動車「ルークス」に搭載されている。これらの車両と同じシステムを、今回の部分改良に合わせてデイズにも採用した。

 ADASセンサーにミリ波レーダーを追加して、自動ブレーキの性能も高めた。部分改良前は、フロントウインドー上部の室内側に取り付けた単眼カメラだけで、車両前方の車両や歩行者などを検知していた。

 今回の部分改良車は、昼間と夜間で検知性能に差がないミリ波レーダーを追加し、自動ハイビームを組み合わせることで、夜間の車両や歩行者の検知性能を高められたという。