全6916文字
PR

 「技術的な目新しさはほとんどない。だが、マーケティングの観点では意味がある」――。インターフェース規格に詳しいある技術者は、2020年7月に米Intel(インテル)がその特徴を発表した「Thunderbolt」の次世代仕様「Thunderbolt 4」の意義をこう語る。だが現在、ThunderboltとUSBはほぼ同義になった。現行の「USB4」は、「Thunderbolt 3」を基にした規格だからである。Thunderbolt 3もUSB4も、コネクターとしてUSB Type-Cを利用する。最大データ伝送速度も、上りと下りそれぞれ約40Gビット/秒(Gbps)で同じだ。

 USB4と、Thunderbolt 3がほぼ同じになったのは、USB4がThunderbolt 3の「トンネリング」と呼ぶ仕組みを導入したためだ。トンネリングを使って、USB 3.2のパケットのほか、ディスプレーとつなぐ映像伝送用インターフェースである「DisplayPort(以下、DP)」と、ストレージなどとつなぐデータ伝送用インターフェース「PCI Express(以下、PCIe)」をUSB4のパケットで内包して伝送できる。PCIe対応はオプション扱いであるが、パソコンなら対応している。「Ice Lake」世代以降のIntelのCPUを採用していればThunderbolt 3を搭載している。Thunderbolt 3はPCIeを伝送できる。

 USB4の登場で、端的に言えばUSBはThunderboltに、あるいはThunderboltがUSBになった。そんな状況下で、Thunderboltの次世代仕様がなぜ必要なのか。USB4をバージョンアップして、例えば「USB4.1」といった仕様を策定すればいいのではないか。そんな記者の疑問に対する答えが、冒頭の技術者のコメントである。さらにThunderbolt 4が登場した背景を考察していくと、Intelと共にThunderboltを世に送り出した米Apple(アップル)の思惑に行きつく。特に多くのユーザーが利用するノートパソコンの利便性を高められる。

ほぼすべてをカバーするThunderbolt 4
ほぼすべてをカバーするThunderbolt 4
Thunderbolt 4の特徴をまとめたスライド(出所:Intel)
[画像のクリックで拡大表示]