全1362文字
PR

 外観も車室や荷室の広さも同じで、装備もほぼ同等――。そんな電気自動車(EV)とエンジン車を乗り比べられるのが、フランスGroupe PSA(グループPSA)が2020年7月に日本で発売したEVの「プジョーe-208」とエンジン車の「プジョー208」だ(図1)。

図1 EVのe-208とエンジン車の208
図1 EVのe-208とエンジン車の208
左がe-208、右が208。(出所:グループPSA)
[画像のクリックで拡大表示]

 両車は、同じプラットフォーム(PF)「CMP」(Common Modular Platform)とアッパーボディーを採用した車種(図2)。大きく異なるのは、パワートレーンだけだ。グループPSAが掲げる「パワー・オブ・チョイス」という戦略に基づいて開発された新型車である。

図2 e-208と208のPF
[画像のクリックで拡大表示]
図2 e-208と208のPF
[画像のクリックで拡大表示]
図2 e-208と208のPF
いずれもCMPと呼ばれるPFを採用する。左がe-208、右が208のPF。(出所:グループPSA)

 このパワー・オブ・チョイスとは、同一車種に、EV、ガソリン車、ディーゼル車など複数のパワートレーンのモデルを用意し、それらの中から顧客が好みのパワートレーンを選択できるようにするものだ。その根底にあるのが、「真面目にEVを増やしていきたいという意志」(グループPSAジャパン商品企画グループマネジャーの上村学氏)だという。

 そんな同社がこだわっているのが、EVだけをハイスペックで高額なものにしないこと。例えば、EVのe-208とエンジン車の208では「装備は90%以上は同じ」(同氏)という。ボディーや車室空間の広さだけでなく、装備も近いものにして顧客が比べやすいようにしている。

 同氏によれば、両車の最大の違いは、ドライビングフィール。その違いは、パワートレーンに起因する。