全1857文字
PR

 エンジン車にコンプレックスを抱えた電気自動車(EV)――。ホンダが小型EV「Honda e」の開発で目指したのは、そうしたEVからの脱却だ(図1)。エンジン車を意識して満充電時の航続距離(以下、航続距離)の延長を追求する道はあえて捨て、EVの長所を生かせる街乗りを対象に、使いやすく個性的なEVを追求する。

 図1 ホンダの新型EV「Honda e」
図1 ホンダの新型EV「Honda e」
EVの長所を生かせる街乗りを対象に、使いやすく個性的なEVを追求する。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダがHonda eの開発で掲げたのが、街中でベストなクルマだ。同車は、2020年夏に欧州で、同年10月30日に日本で発売を予定する新型EV。欧州で強化が進む二酸化炭素(CO2)排出量規制への対応を目的に開発した。ターゲット市場は主に欧州。初年度の販売台数も、日本の1000台に対し、欧州ではその約10倍を計画する。欧州市場はまさに、多くのメーカーが新型EVの投入を計画するEV激戦地。ホンダは、街中でベストという個性を際立たせることで、独自の競争軸で勝負する。

 Honda eの開発責任者を務めた一瀬智史氏は、次のように語る(図2)。「EVはそもそも高速走行には向かない。エンジンと違って高速走行でパワートレーンの効率が上がるわけではない。風圧が増して効率は落ちるだけ。電池の消耗も激しくなる」

図2 Honda eの開発責任者を務めた一瀬智史氏
図2 Honda eの開発責任者を務めた一瀬智史氏
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 そしてこう続ける。「一方で、EVは、低速トルクが高くスタートダッシュに優れる。その上、エネルギー回生もできるといった長所もある。街中では(エンジン車よりも)EVの方が合っている」