全1950文字
PR

 テレワークが「常態化」する中で、細やかな動きができる”腕”を装備した分身ロボットを活用した次世代テレワークが注目されている。分身ロボットが腕を備えることで、これまでのテレワークでは不可能だった遠隔地のモノを動かしたり操作したりする作業も可能になる。少子高齢化で労働力不足が課題となる中、飲食店やコンビニエンスストア店員など、新たな労働力確保につながるとの期待も高まっている。

双腕ロボットと分身ロボットを組み合わせ

 オリィ研究所は川田テクノロジーズと組んで、分身ロボットと双腕ロボットを組み合わせたシステムが接客しながらコーヒーをいれる「テレバリスタ」を開発。2020年9月13日に開催したオンラインイベントで公開した。外出困難な難病患者が遠隔地からロボットを操作し、客からの相談に応じながら、ロボットアームを使ってコーヒーをいれたりトレイに乗せて出したりする。

双腕ロボットと分身ロボットを組み合わせてコーヒーをいれるシステム
双腕ロボットと分身ロボットを組み合わせてコーヒーをいれるシステム
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 テレバリスタは、川田テクノロジーズの産業向け双腕ロボット「NEXTAGE」に、オリィ研究所の分身ロボット「OriHime」を組み合わせて開発した。遠隔操作でOriHimeを使って会話などをして接客しつつ、NEXTAGEのロボットアームでコーヒーをいれたり、おかしをつまんでトレイに乗せたりできる。操作者は自宅のパソコンなどからWebブラウザー経由でOriHimeとNEXTAGEを操作する。外出困難な難病患者でも、自宅にいながら、カフェでバリスタの仕事をできるというわけだ。

外出困難者が就労する機会創出に

 オリィ研究所と川田テクノロジーズは、今年度内にも実際のカフェでテレバリスタを活用する計画だ。オリィ研究所は2018年から、難病患者が遠隔地からOriHimeを操作して、客の注文を取ったり相談に乗ったりするといった接客をするカフェを期間限定で都内で展開してきた。

 こうしたカフェの狙いは、難病などで外出ができなくなった外出困難者の就労支援だ。外出困難者が分身ロボットを通じてカフェで接客をすることで、今後の就業に向けた訓練の場にもなっている。これまでに約40人の外出困難者が自宅などからOriHimeを操作してカフェ店員として働いてきた。接客を経験したことで自信がつき、外出困難ながらテレワークなどでの就業につながるケースも増えてきたという。

 働きたい外出困難者と、企業とのマッチングも始めている。オリィ研究所は2020年7月7日、外出困難だが分身ロボットを使って働きたい人と、雇用したい企業をマッチングするプロジェクト「AVATAR GUILD(アバターギルド)」を始めた。評判は上々で、多くの企業から問い合わせが来ているという。これまでもOrHimeを使って、遠隔地の接客や秘書業務など、主にコミュニケーションの支援の仕事をしてきたが、ロボットに腕が加わることで、遠隔地の作業もできるようになる。

 遠隔操作ロボットをコンビニで活用しようとする動きもある。