全3043文字
PR

 米Apple(アップル)は2020年9月15日(現地時間)、オンラインで新製品発表会を開催し、新しい腕時計型端末「Apple Watch Series 6」と廉価版の「Apple Watch SE」を発表した。Series 6とSEはいずれも同年9月18日に発売する。Series 6は新たに血中酸素飽和度を推定する機能を備えるなど、新型コロナウイルスの感染が収束しない現在の状況に適合した機能を複数搭載した。定額制のフィットネスサービスなど、Apple Watchの拡販を目指した施策を明らかにしており、ウエアラブル機器で大きなシェアを持つApple Watchの事業がさらに拡大しそうだ。

「Apple Watch Series 6」と廉価版の「Apple Watch SE」を発表。Series 3の販売を続けるので、Apple Watchは3種類のラインアップとなる
「Apple Watch Series 6」と廉価版の「Apple Watch SE」を発表。Series 3の販売を続けるので、Apple Watchは3種類のラインアップとなる
(出所:発表会の動画をキャプチャーしたもの)
[画像のクリックで拡大表示]

 Series 6の価格は399米ドル(日本では4万2800円)から、SEは279米ドル(同、2万9800円)からである。継続して現行機のSeries 3の販売を続けるので、Apple Watchは3種類のラインアップとなる。

 Series 6の目玉は、新型コロナウイルスに感染した際、肺炎の重症度を知る目安になる血中酸素飽和度の推定する機能を搭載した点だ。血中酸素飽和度は、感染を自覚しづらい軽度の症状を知る上で便利とされる。従来は指に挟むタイプの「パルスオキシメーター」が血中酸素飽和度を測定する機器の主流だった。ウエアラブル型の機器で血中酸素飽和度を推定するニーズが高まっている。Apple Watchもこの流れにのっとったものといえる。

 血中酸素飽和度を計測するに当たり、Series 6では本体裏ぶた側にあるセンサーを新しくした。4つの発光素子(LED)クラスターと4つの受光素子(フォトダイオード:PD)で構成する。まず緑色と赤色のLEDと、赤外線LEDが手首の血管部分に光を照射。その反射光をPDで受光し、その結果から血中酸素飽和度を推定する。血中酸素飽和度を推定する機能は、医療向けでなく健康管理やフィットネス向けとしている。

Series 6の裏ぶた側のセンサー
Series 6の裏ぶた側のセンサー
(出所:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 Appleは発表会で血中酸素飽和度の推定機能や、以前からApple Watchが備える心電計や心拍数測定の機能といった生体信号を検知する機能を生かして、外部機関と取り組んでいる研究についても紹介した。テーマは大きく3つある。ぜんそくの管理・コントロールに役立つかどうか、心不全の管理に役立つかどうか、そして、インフルエンザや新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の初期兆候の発見に役立つかどうか、である。

 こうした「ウィズ・コロナ」時代に求められる機能を、Apple Watchの新機種の発売前にリリース予定の新しい腕時計型端末向けOS「watchOS 7」で導入する。例えば、病気の予防の基本となる手洗いを促す機能だ。新型コロナウイルスの感染を予防する上では20秒以上の手洗いが推奨されている。Apple Watchのモーションセンサーで手を洗う際の動きを、マイクで音を検出するなどして手洗いが始まったと判断してから、20秒のカウントダウンをスタートさせる。手を洗う時間が短い際に、もっと続けるよう促す。帰宅時に、Apple Watchが手を洗うように通知する機能もある。

手を洗う時間が短い際に、もっと続けるよう促す
手を洗う時間が短い際に、もっと続けるよう促す
(出所:WWDC20での基調講演動画をキャプチャーしたもの)
[画像のクリックで拡大表示]

 コロナ禍で、健康管理に対する需要も一層高まった。Appleは2020年6月の開発者向けイベント「WWDC20」で、watchOS 7でフィットネス機能を強化すると発表している。例えばダンスのプログラムでは、消費カロリーをより正確に算出できるように、Apple Watchの心拍センサーのデータのほか、加速度センサーやジャイロセンサーといったモーションセンサーのデータを利用する。動かしているのが腕だけ、下半身だけ、全身を動かしているのかなどを判別して、運動量を推定する。新種目の追加に当たり、アプリの名称をワークアウトから「フィットネス」に変更する。