全1775文字
PR

 「我々がこれまで作った中で最も先進的なチップだ」――。米Apple(アップル)は2020年9月15日(現地時間)、同社が開催したオンラインイベントの中で、新型「iPad Air」に搭載した新しいSoC「A14 Bionic」を、同社のTim Millet氏(VP, Platform Architecture)はこう自賛した。同SoCは、5nm世代の製造プロセスで作製したもの。前世代のSoCは7nm世代品だった。Appleは今後、パソコン「Mac」シリーズに自社開発した独自プロセッサー「Apple Silicon」を搭載する。同プロセッサー搭載の最初の製品は2020年末に発売する予定で、5nm世代品と目されている。A14の発表からは、Apple Siliconの準備が着実に進んでいる様子がうかがえると共に、Apple Siliconの実力を測る基準になりそうだ。

新型iPad Air
新型iPad Air
(出所:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]
「A14 Bionic」を解説するAppleのMillet氏
「A14 Bionic」を解説するAppleのMillet氏
(出所:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 A14のトランジスタ数は118億個で、7nm世代の製造プロセスで作製された従来のSoCに比べて約40%多いという。例えば、前世代のiPad Airが採用するA12 Bionic、iPhone 11シリーズや第2世代のiPhone SEが搭載するA13シリーズは7nm世代品である。

 A14のCPUコア数は6。このうち、4つが電力効率重視、2つが性能重視だという。A12 Bionicを搭載した前世代のiPad Airに比べて、CPUの演算処理性能は約40%向上したとする。