全1468文字

 AR(Augmented Reality)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)、いわゆるARグラスの研究開発に取り組んできた米Facebook(フェイスブック)がいよいよ製品化に踏み切る。イタリアの大手眼鏡メーカーLuxottica(ルクソティカ)と提携し、同社の著名ブランド「Ray-Ban(レイバン)」で2021年に発売する。2020年9月16日(米国時間)に開催した同社のAR/VR(Virtual Reality)開発者向けイベント「Facebook Connect」(旧Oculus Connect)で同社CEOのMark Zuckerberg氏が明らかにした。詳細な仕様は近日発表としている。

2021年にARグラス(スマートグラス)の発売を発表した米Facebook(フェイスブック)CEOのMark Zuckerberg氏
2021年にARグラス(スマートグラス)の発売を発表した米Facebook(フェイスブック)CEOのMark Zuckerberg氏
(写真:Facebookの動画をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

メガネ型端末であらゆる場所・モノをセンシング

 この製品につながる研究開発を担っているのが、FacebookのAR/VR研究開発組織「Facebook Reality Labs」(FRL、旧名はOculus Research)である。イベントでは、FRLが取り組んでいる、ARグラスの実現に向けた研究プロジェクト「Project Aria」を発表した。

 ARグラスを利用して、現実空間に情報や仮想オブジェクトを重畳する際には、周囲の環境を3次元(3D)かつリアルタイムで把握する必要がある。ただし、ARグラス側で周囲の空間をゼロからリアルタイムでスキャンして3Dマップを構築するのは、処理負荷が大きく難しい。

 そこで、「Live Maps」と呼ぶ仮想3Dマップをあらかじめ作成し、それを利用することで、AR表示や分析、環境認識などの処理の効率化を図る。地図アプリを持たないFacebookにとって、仮想3Dマップを作る取り組みは必要不可欠である。「Google Map」や「Apple Map」などの地図アプリで、膨大な3Dデータを収集した他社とは違うところだ。

 仮想3Dマップの構築を促すためにProject Ariaでは、専用のメガネ型端末に搭載した複数のセンサーにより、地形や建物などの3Dデータや視覚情報(アイトラッキングデータ)、3Dオーディオに対応した聴覚情報などを収集する。すでにFRLのメンバーが装着し、自社のオフィスや敷地でデータ収集を始めているという。

 個々人が装着したメガネ型端末をデータ収集に使うことで、分解能が向上し、屋内のデータも集めやすくなるという。この点が、衛星写真や、3Dセンサーを備えた自動車で計測したデータ、3Dセンサー付きバックパックを背負った作業員が徒歩で計測したデータなどと比べた場合の優位性とする。

Project Ariaで用いるメガネ型端末
Project Ariaで用いるメガネ型端末
右上はFRLのチーフサイエンティストであるMichael Abrash氏(写真:Facebookの動画をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]
仮想3Dマップ作成のための計測手段の比較
仮想3Dマップ作成のための計測手段の比較
(写真:Facebookの動画をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]
仮想空間のレイヤーを3つに分けて考える
仮想空間のレイヤーを3つに分けて考える
Locationレイヤーで位置座標を決め、Indexレイヤーで家具などの物体をそれぞれ固有のモノとして認識し、ContentレイヤーのAR表示に活用する。(写真:Facebookの動画をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]