全2886文字
PR

 「この秋から低価格な5G(第5世代移動通信システム)スマホが続々と登場する。5G祭りになるだろう」——。ソフトバンクの宮内謙社長兼CEO(最高経営責任者)が2020年8月の決算会見で語った通り、ここに来てミドルレンジ価格帯の5Gスマホが増えてきた。中国OPPOや中国・小米科技(シャオミ)、シャープなどから5万円前後の価格帯の5Gスマホが登場している。5G普及に向け端末価格の壁が崩れ始める一方、5Gならではの端末の進化は見られない。コンシューマー主導で進化してきたモバイルの歴史が、終焉(しゅうえん)を迎えているという指摘もある。

ミドルレンジ価格帯の5Gスマホが壁崩す

 携帯電話は、ほぼ10年ごとに大きな世代交代を遂げる。ネットワークと端末、サービスの3つが次世代に切り替わることで、新たな世代の通信システムが本格的に普及する。その点で、携帯大手3社が2020年3月末に商用サービスを開始した5Gは、まだ発展途上だ。5Gエリアは極めて限定的であり、5Gスマホは10万円を超えるようなハイエンド価格帯が主流だ。サービスについても、4Gでも利用できるクラウドゲームや多視点映像が中心で、5Gをあえて購入する理由は少ない。

 5Gスマホの価格が高いという壁は、ここに来て崩れ始めてきた。例えばソフトバンクが2020年7月末に発売した「Oppo Reno3 5G」(オッポ製)の価格は6万円台だ。端末購入プログラムを利用すれば3万円台半ばで手に入る。KDDI(au)が2020年9月に発売した「Mi 10 Lite 5G」(シャオミ製)も4万円台で購入できる。シャープが20年冬以降に発売する「AQUOS sense5G」は、現在のところ価格は未定だが3万円台になるとみられている。今後、携帯大手が扱うスマホの中心が5G対応になれば、機種変更に伴って5G契約数は自然と増えていくだろう。KDDIの高橋誠社長は2020年9月25日に開催した発表会で「今後発売するスマホはすべて5G対応になる」と断言した。

画面解像度は20年で300倍、右肩上がり限界に

 ただ5Gスマホが進化の袋小路に陥っている感は否めない。現在市場に登場している5Gスマホは、4Gスマホと画面サイズや解像度はほぼ変わらず、5Gならではの飛躍的な進化が見当たらないからだ。

過去20年で端末の画面解像度は300倍に拡大した
[画像のクリックで拡大表示]
過去20年で端末の画面解像度は300倍に拡大した
(作成:日経クロステック)

 理由はいくつか考えられる。手のひらに収まるデバイスとして、6.5インチ程度の画面サイズが限界ということが見えてきた点が一つある。またフルHD+(2400×1080ドットなど)に達した現在のスマホの解像度も、これ以上、解像度を上げたところで人間の目で違いが分からなってきたという点もある。画面サイズを広げる苦肉の策として2画面スマホも登場しているが、耐久性の面などから主流になる気配がない。

 5Gの高い性能が、スマホ本体に収まりきらなくなってきたという指摘もある。AR(拡張現実)やVR(仮想現実)を楽しむためには、スマホの画面ではなく、VRゴーグルのような周辺機器と連携したほうがよい。コンパクトカメラやボイスレコーダーなどあらゆるコンシューマー機器をのみ込んできたスマホが、再び機能分散するような流れも見えている。そんな点も、5Gスマホの機能進化が乏しい理由の一つだろう。

 これまでの2Gから4Gの時代を振り返ってみると、こうした端末進化の袋小路とはまるで皆無だった。通信速度の向上に合わせて端末の画面サイズと解像度は、右肩上がりに常に拡大してきたからだ。2Gの時代、NTTドコモのiモードの初期端末である「P501i」の解像度はわずか96×120ドットだった。それが3G、4Gの時代に飛躍的に画面サイズと解像度が拡大し、2019年に発売された米Apple(アップル)の「iPhone 11 Pro Max」の画面サイズは6.5インチ、解像度は2688×1242ドットに達した。画面解像度はこの20年でざっと約300倍に広がった計算だ。

 画面サイズと解像度が広がることで、端末を介して届けるサービスの表現力も高まる。高度化したサービスが飛躍的にトラフィックを伸ばすという効果を生んできた。画面解像度が約300倍に広がったということは、利用者が画面を見るだけでトラフィックが約300倍に増えるということだ。トラフィックを伸ばすことが携帯電話事業者の売り上げ増に直結する。この20年間は、端末の通信速度と画面解像度の飛躍的な進化が、トラフィックの拡大と携帯電話事業者の売り上げ増につながった幸せな時代だったといえる。