全4774文字
PR

2019年8月4日11時過ぎ、横浜市の複合レジャー施設でジェットコースター車両の追突事故が発生した。プラットホームの降車場で乗客を降ろして停止していた車両に、乗客を乗せて後からきた別車両がぶつかったのだ。走行も終盤で大きく減速していたため大惨事には至らなかったものの、追突した車両の先頭座席に乗っていた2人が軽傷を負った。

 事故があったのは、横浜市金沢区にあるレジャー施設「横浜・八景島シーパラダイス」の「サーフコースターリヴァイアサン」(図1)。当時は、定員24人の6両編成の車両2編成を交互に運行させており、その日の25回目(試運転含む)の走行で事故が起こった*1。追突した車両(事故機)には、定員に近い23人が乗車していた。

図1 事故を起こしたコースター
図1 事故を起こしたコースター
「横浜・八景島シーパラダイス」の「サーフコースターリヴァイアサン」。定員24人の6両編成で走行していた。(出所:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]
*1 通常は1編成での運行だが、ゴールデンウイーク期間と夏季休暇期間は2編成で運行していた。事故当時は夏季休暇期間だった。

 事故を受けて、国土交通省の社会資本整備審議会昇降機等事故調査部会(以下、調査部会)が事故原因の調査を開始。2020年7月に事故調査報告書(以下、報告書)を公開した1)。同報告書に基づいて事故原因をみてみる。

25回目の走行で事故発生

 衝突現場となったのは乗客が乗り降りするプラットホーム。進行方向手前側が降車場(「降車ブロック」)、進行方向後側が乗車場(「乗車ブロック」)となっており、それぞれのブロックの走路にはブレーキ(降車ブレーキ、乗車ブレーキ)が設置されている(ブレーキの構造は後述)。

 プラットホーム手前のU字形の走行路のさらに手前には、降車ブロック進入前に車両を減速・停止させるための「制動ブロック」があり、ここにもブレーキ(制動ブレーキ)が設置されている(図2)。一方、プラットホームの先には車両をコースの最上部へと引っ張り上げる巻き上げ装置を備えた「駆動ブロック」がある。同ブロックにもブレーキが備わっている。

図2 コースターの走路と事故当時の状況
図2 コースターの走路と事故当時の状況
走行を終えてプラットホームで乗客を降ろした車両に、後から来た事故機が追突した。「駆動」「制動」「降車」「乗車」の4ブロックにそれぞれブレーキを備えている。事故機は制動ブロックで減速していたため大きな事故にはならなかったが、本来はそこで停止するはずだった。(出所:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 事故当時、同コースターは走行制御システムによる自動運転中だった。同システムは、上記4つのブロック内での車両の位置や速度を複数のセンサーによって検出し、1つ先のブロックに車両がいる場合、後続の車両は手前のブロックで停止するという制御方式(ブロック制御)を採用していた*2。制動ブロックから乗車ブロックまでの走路は、進行方向に向かって3°の傾斜で下っているため、ブレーキを開放すると車両が自重で移動する仕組みとなっている。

*2 プラットホームに車両が停止していない場合は、制動ブレーキによって安全に止まれる速度まで減速した上で、制動ブロックを通過させて降車ブロックに進入させる。

 同コースターでは毎日始業前点検を実施していた。事故当日の点検でも制動ブレーキによる車両の停止を確認しており、異常は認められなかったという。加えて、その日の監視カメラの映像から、車両の発車から降車ブロックに到達するまでの時間(走行時間)を測定したところ、事故発生までの25回の走行時間の平均は2分19秒で、走行時間の差は最大でも約1秒にすぎなかった。つまり、事故直前までは問題なく運行していたといえる。