全1272文字
PR

 東京証券取引所で2020年10月1日に起きたシステム障害の全容が徐々に見えてきた。障害の原因は、富士通が納入したNAS(Network Attached Storage)のファームウエアの設定不備にあった。2台構成のNASでメモリー故障に起因する障害パターンが発⽣した際、NASの冗長化が機能しない設定になっていた。

 東証で10月1日に起きたシステム障害は、全銘柄の売買を終日停止するという未曽有の事態を招いた。東証が取引を全面的にシステム化した1999年以降、システム障害で全銘柄の売買を終日止めたのは初めて。これにより、3兆円規模の売買機会が失われた。

システム障害について陳謝する東京証券取引所の川井洋毅執行役員(中央)ら
システム障害について陳謝する東京証券取引所の川井洋毅執行役員(中央)ら
[画像のクリックで拡大表示]

NASのメモリー故障が発端

 システム障害の発端は、東証の株式売買システム「arrowhead(アローヘッド)」のNASに搭載したメモリーの故障にあった。業務サーバーで使うユーザー情報などを格納するNASは2台あり、Active-Active構成で冗長化していた。このうちの1台のメモリーが故障し、本来なら1台のみの運用に自動で切り替わるはずが、うまくいかなかった。

 原因はNASのファームウエアの切り替え用設定値の不備にあった。東証はarrowheadを2019年11月に刷新する際、事前のテストで2台のNASの死活監視を途絶えさせて、自動で切り替わることを確認していた。だがその際、今回の設定不備は見抜けなかった。設定作業そのものは富士通が実施していたという。

NASの内部構造
NASの内部構造
(出所:東京証券取引所)
[画像のクリックで拡大表示]