全2946文字

 樹脂をライバル他社がマネできないレベルの超高精度で切削加工するユニークな技術で知られるJpキュービック(愛知県豊川市)が2020年10月から、ちょっと変わったサービスを始めた。「加工レシピの販売」だ。

アクリル製の「クモの巣」のサンプルを手に持つJpキュービック代表取締役社長の伊藤雅彦氏。同社では、難度が高い樹脂の高精度加工製品を造るための「レシピ」を販売するサービスを始めた。(出所:日経クロステック)
アクリル製の「クモの巣」のサンプルを手に持つJpキュービック代表取締役社長の伊藤雅彦氏。同社では、難度が高い樹脂の高精度加工製品を造るための「レシピ」を販売するサービスを始めた。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、複雑な形状や細穴、鏡面加工といった難度の高い樹脂加工を超高精度で仕上げる独自の切削加工技術で知られる。写真のアクリル製くもの巣はその一例。くもの巣の「糸」は太い方の径が約0.45mm、細い方は約0.2mm。細いだけでなく、入り組んだ曲線形状になっているが、すべて切削加工で仕上げている。壁厚0.014mmという薄肉加工のアクリル製ハニカム板も、そんな同社にとって「当店自慢」のサンプルだ。

アクリル製くもの巣の「糸」は太い方の径が0.45mm、細い方は0.25mm(出所:日経クロステック)
アクリル製くもの巣の「糸」は太い方の径が0.45mm、細い方は0.25mm(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
壁厚0.014mmのアクリル製ハニカム板(出所:日経クロステック)
壁厚0.014mmのアクリル製ハニカム板(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 もちろんサンプルだけではない。「我々は他社が『できない』と断った加工を引き受ける駆け込み寺」と伊藤氏は胸を張る。

 例えば、「0.1mmのナイロン系特殊樹脂製フィルムを削って部分的に0.05mm厚にしたい」という依頼を受けたケースがあるという。公差レンジは1000分の5mm(0.05mm〜0.055mm)という極めて厳しい条件だ。そもそも厚さ0.05mmのシートなので、加工以前にクランプ(素材の固定)が困難。それでも同社はこの要望に応えたという。

 この他、山径8.0mmで谷径が6.0mm、有効長さ140mmのアクリル製四条ねじや、縦3mm×横2mm×高さ1.8mmのナイロン素材を3面加工した上で「バリを出さない」という条件を付けられたケースなど、難度の高い樹脂加工を数々手掛けてきた実績があるという。

山径8.0mmで谷径が6.0mm、有効長さ140mmのアクリル製四条ねじ。このサイズの四条ねじは金属製が一般的で、樹脂製は加工が困難だという(出所:Jpキュービック)
山径8.0mmで谷径が6.0mm、有効長さ140mmのアクリル製四条ねじ。このサイズの四条ねじは金属製が一般的で、樹脂製は加工が困難だという(出所:Jpキュービック)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、同社が販売を始めるレシピは、こうした「他社が『できない』と断った」加工を実施する手法だ。いわば門外不出の秘中の秘を売ってしまうという大胆な取り組みである。

レシピ通りに加工すればサンプルと同じものができる

 レシピを提供する加工内容は3タイプある。[1]Jpキュービックのウェブサイト内にある「テクニカルラボ」(2020年10月中に公開予定)に掲載している加工技術アピールのためのサンプルアイテム、[2]顧客からの依頼により実際に作製した実績があるアイテム、[3]顧客が実際には依頼した実績がない、新たなアイテム——の3つだ。

 レシピの内容は、[1]NCプログラムなどの加工データ、[2]加工に使用する工具の詳細情報、[3]クランプ方法の詳細情報、[4]加工・作業のポイントや注意点、[5]実際の加工現場の見学もしくは動画の提供、[6]実際に製作したサンプルの提供——の6つだ。

 伊藤氏は、「レシピ通りに加工すれば、サンプルと同じものができるレベルの情報を提供する」と言う。NCプログラムのデータは実際の加工で使用したデータをすべて、ネットワーク経由またはUSBメモリーにコピーするなど、顧客が希望する形式で渡す。工具や治具の形状、治具にワークを装着する順番や注意点も提供する。加工現場の見学で顧客は、写真撮影も作業者への質問もできる。

 「社外からスペシャリストの頭脳を買うようなものだと考えてほしい。当社は、一般的には思いつかないようなアイデアを採用している。極細や超薄肉の加工を手掛けたい、加工精度を上げたい、加工時間を短縮したい、といった要望がある企業なら、レシピで紹介している作業を改善して、生産技術向上のヒントにしてもらえるはずだ」。加工レシピ購入者のメリットについて、伊藤氏はこう話す。

 気になる価格だが、「ケース・バイ・ケースだが、30万〜50万円を想定している」(伊藤氏)