全2340文字
PR

 米Google(グーグル)が2020年10月15日に国内で発売した、同社初となる5G(第5世代移動通信システム)対応のスマートフォン「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」。従来モデルのハイエンド価格帯からミッドレンジ価格帯に軸⾜を移すなど、5G普及の鍵を握る激戦区に向けた同社の意気込みが感じられる製品となっている。本記事では5G通信やカメラ性能など実機のファーストインプレッションをお届けする。

Google Pixel 5
Google Pixel 5
(撮影:山口 健太)
[画像のクリックで拡大表示]

「Pixel 5」はミッドレンジ寄りに位置付けが変化

 新たなフラッグシップ機となるPixel 5では、製品ラインアップの位置付けに変化が起きている。従来モデルの「Pixel 4」はハイエンドのプロセッサーを搭載していたのに対し、Pixel 5とPixel 4a(5G)はミッドレンジ向けの米Qualcomm(クアルコム)製Snapdragon 765Gを搭載した。

 Googleストアでの販売価格は7万4800円(税込み、以下同じ)。Pixel 4発売当時の11万6600円より大きく下がっており、幅広いユーザー層に訴求することでシェア拡⼤につながりそうだ。もう1機種のPixel 4a(5G)は6万800円。従来モデルのPixel 4aの4万2900円より高いものの、5G対応だけでなく画面の大きさやカメラ性能など強化ポイントは多い。

Google Pixel 4a(5G)
Google Pixel 4a(5G)
(撮影:山口 健太)
[画像のクリックで拡大表示]

 画面サイズはPixel 5の6.0型に対し、Pixel 4a(5G)は6.2型とやや大きい。画面周りは全画面デザインを採用し、インカメラは画面内のパンチ穴に搭載するなど、先行して登場した4Gミッドレンジ機「Pixel 4a」に近い。Pixel 5は5G対応にグレードアップしつつも、4G対応のPixel 4aとほぼ同じサイズ感を実現している。

本体背面の比較。左からPixel 5、Pixel 4a(5G)、Pixel 4a
本体背面の比較。左からPixel 5、Pixel 4a(5G)、Pixel 4a
(撮影:山口 健太)
[画像のクリックで拡大表示]

本体前面の比較。左からPixel 5、Pixel 4a(5G)、Pixel 4a
本体前面の比較。左からPixel 5、Pixel 4a(5G)、Pixel 4a
(撮影:山口 健太)
[画像のクリックで拡大表示]

 インターフェースの違いとして、Pixel 4a(5G)はPixel 4aを踏襲してイヤホンジャックを搭載する。⼀⽅でPixel 5は従来モデルのPixel 4と同様にイヤホンジャックを備えていない。

Pixel 4a(5G)はイヤホンジャックを搭載
Pixel 4a(5G)はイヤホンジャックを搭載
(撮影:山口 健太)
[画像のクリックで拡大表示]