全1839文字
PR

 日鉄興和不動産とベンチャーキャピタル(VC)のDNX Venturesは2020年9月28日、スタートアップ企業の育成に特化したオフィス「SPROUND(スプラウンド)」を東京都内に開設した。両社で施設を運営し、BtoB(企業向け)事業を展開する、創業して間もない「シード期」などのスタートアップ企業を募る。「賃料は近隣の相場より安く設定する」(日鉄興和不動産の金谷貴央マネージャー)が、入居は面談による審査制となる。DNXがSPROUND内に同居することで、入居企業による事業創出をきめ細かくサポートする。

 JR品川駅の港南口に隣接する「品川インターシティ」A棟内に約400坪のオフィスを開設した。内装は、用途に応じてレイアウトを柔軟に変更できるフレキシブルワークスペースを設計・運営する米Knotel(ノーテル)が手掛け、同社による日本での初案件となった。また、無線LANのソリューションとして、PicoCELA(ピコセラ)が開発したメッシュネットワーク構築技術が採用された。内装設計と無線LAN(Wi-Fi)通信の技術が「両輪」となって、レイアウト変更の柔軟性を高めている。この取り組みは、コロナ禍を受けてオフィスのあり方を再考する企業にとって参考になりそうだ。

「会話」と「集中」のエリアに分かれる

 22階にあるオフィスの中に入ると、港南の高層ビル群などを臨むパノラマビューが広がる。ほぼ楕円(だえん)形のフロア内は、コミュニケーションやコラボレーションのためのスペースと集中作業を行いたいときのスペースに大きく二分される。

「SPROUND(スプラウンド)」のフロアレイアウト
「SPROUND(スプラウンド)」のフロアレイアウト
(出所:SPROUND)
[画像のクリックで拡大表示]
「コミュニケーション」エリア。開口部から港南の高層ビル群などが見える
「コミュニケーション」エリア。開口部から港南の高層ビル群などが見える
(出所:SPROUND)
[画像のクリックで拡大表示]