全1908文字
PR

 「VR(仮想現実)授業を始めるにあたり手本はなかった。すべてゼロから構築した」。「ネットの高校」として認知が広がっているN高等学校(N高)が2021年4月からVR授業を始める。角川ドワンゴ学園(沖縄県うるま市)のN高は2016年4月の開校から5年目を迎え、2020年10月1日時点で1万5803人の生徒が在籍している。コロナ禍でオンライン授業へと切り替えた学校が多い中、通信制高校としてコロナ禍以前からオンライン授業を手掛けていたN高はさらにその先を走ろうとしている。

 VR授業に利用するのは米Facebook(フェイスブック)のVRデバイス「Oculus Quest 2(オキュラスクエスト2)」。これまでN高が提供してきた授業をバーチャル空間で受けられるコース「普通科プレミアム」を2021年4月に開講する。開講時点で利用可能な6600の教材のうち、約35%に当たる2400を超える教材がVRでの授業に対応するとした。

 VRの活用についてドワンゴ社長で角川ドワンゴ学園の理事を務める夏野剛氏は「バーチャル空間では周りに同じ授業を受ける生徒のアバターがいる他、例えば星の授業では木星のオブジェクトに触れながら授業を受けられる。生徒が実際に教室や授業内容に関連する場所でリアルに授業を受けているような感覚で学習できるよう設計している」と語った。

 バーチャル空間で担任や他の生徒と交流できる他、面接対策のプログラムの提供も予定している。さらに建築家の隈研吾氏にバーチャル空間の校舎「学びの塔」のデザインを依頼した。「VRデバイスを装着することで生徒が校舎内を歩けるようにする」(夏野氏)と将来の展望を述べた。

バーチャル空間では友人のアバターとともに授業を受けられる
バーチャル空間では友人のアバターとともに授業を受けられる
(出所:角川ドワンゴ学園)
[画像のクリックで拡大表示]