全4472文字

 日産自動車がアディティブ製造(Additive Manufacturing、3Dプリンティング)への取り組みを本格化させている。現時点では量販車の部品へのアディティブ製造適用はまだだが、研究部門と開発部門を中心に、近い将来の実用化を視野に入れた検討を積極的に進めている。その背景にあるのが、自動車の電動化だという。

電動化で小型化と軽量化が不可欠に

 「電動化が進むと部品点数は増える」。こう話すのは日産自動車におけるアディティブ製造の活用拡大をリードする塩飽紀之氏。同氏は鍛造の生産技術出身で、現在は生産技術部門のエキスパートリーダー(新商品工法開発)を務めつつ、パワートレーンの開発部門にも籍を置く。

図 日産自動車の塩飽紀之氏
図 日産自動車の塩飽紀之氏
同社パワートレイン生産技術開発本部パワートレイン技術企画部パワートレイン技術統括グループのエキスパートリーダー(新商品工法開発)とパワートレイン・EV技術開発本部パワートレイン・EV先行技術開発部の主管を兼務する。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでの電動化とはいわゆるハイブリッド車(HEV)も含む。内燃機関を搭載せず、モーターのみで駆動する電気自動車(EV)だけではない。HEVには内燃機関とモーターの両方を車両の駆動に使うパラレル/シリーズパラレルHEVのほか、日産の「e-POWER」のようにエンジンで発電した電力をいったんバッテリーに蓄え、その電力を使いモーターで駆動するシリーズHEVがある。

図 e-POWERのパワートレーン
図 e-POWERのパワートレーン
エンジンは発電のためだけに稼働し、蓄えた電力でモーターを回して駆動する(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 今後、内燃機関だけを搭載した車は確実に減っていくが、日産は「2035年、モーターを搭載した電動車の約50%はHEV」(塩飽氏)とみている。この場合のHEVに搭載するのがガソリンエンジンとは限らない。だが、何らかのエネルギーで発電する仕組みが加わるのは間違いないと予想しているのだ。

 純粋なEVならエンジン車より部品点数が減る可能性が高いが、それ以外の電動車はかえって部品点数が増えることになる。これが、「電動化で部品点数が増える」と日産が考える理由だ。自動車としてのスペースは限られているので、各部品に対する小型化の要求は当然厳しくなる。CO2排出量の削減を目指した環境規制に対応する観点でも部品の小型化・軽量化は不可欠になる。