全1309文字
PR

 「BaaS(Banking as a Service)では後発だが、銀行口座を作らなくてもサービスを利用できる点で差異化できる。既に数十社が導入を検討中だ」。新生銀行グループのアプラスでネオバンク開発部部長を務める福永耕一氏は、BaaSプラットフォーム「BANKIT」の普及に自信をのぞかせる。

 BANKITを活用するパートナーによるサービス提供も始まった。在留外国人向けに金融サービスを提供する3PLATZ(サンプラッツ)は2020年10月6日、スマートフォンアプリ「Choy-San」を提供開始。Visaプリペイドカードを発行し、海外送金やネットショッピングに利用できる。このほかカルチュア・コンビニエンス・クラブ子会社のCCCマーケティングやスマートフォンメディア事業を展開するセレスも2020年から21年にかけて、BANKITを利用したサービスを提供する見込みだ。地域金融機関や大規模商業施設運営事業者、プロスポーツチームなども導入を検討しているという。

 金融機関では住信SBIネット銀行やGMOあおぞらネット銀行がBaaSで先行している。これらは、ユーザーがサービスを利用する際に口座を開設する必要がある。BANKITでは「商業施設や小売業で、ユーザーに口座を作ってもらうのはハードルが高い」(福永氏)ために口座開設を不要にした。銀行口座を作りにくい在留外国人もターゲットとしていく。

AI与信や給与支払いに対応

 BANKITは基本機能としてウォレットや送金、セブン銀行のATMからの入出金、Visaプリペイド決済に加え、BANKITに対応する店舗で利用するQRコード決済、位置情報サービスを用いたクーポン発行、クレジットカードや銀行口座がなくても事前の本人確認登録だけで利用できる後払いなどを提供。他行を含む銀行からの入金機能も準備している。

(写真提供:アプラス)
(写真提供:アプラス)
[画像のクリックで拡大表示]