全2677文字
PR

 「複雑化するクルマのソフトウエア開発を乗り切るためには、新たな知恵が必要だ」。ドイツContinental(コンチネンタル)のソフト子会社、同Elektrobit(エレクトロビット)のExecutive Vice President Business Developmentであるマーティン・シュライヒャー(Martin Schleicher)氏はこう指摘する。

エレクトロビットのマーティン・シュライヒャー氏
エレクトロビットのマーティン・シュライヒャー氏
(出所:エレクトロビット)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン、VW)の新型電気自動車(EV)「ID.3」の統合ECU(電子制御ユニット)「ICAS1(In-Car Application Server 1)」のソフト開発を手掛けた。コンチネンタルとエレクトロビットを合わせて計600人のソフト技術者が述べ200万時間を費やして開発したという。

 通常、ECUのソフト開発はアクチュエーター制御などの小規模プロジェクトなら約10人、車載情報システムやADAS(先進運転支援システム)といった大規模プロジェクトでも数百人であり、「600人という規模は初めて聞いた」(ECU開発者)との声も聞かれる。

 ICAS1はクラウドとの接続や車載ネットワークのルーター機能を担う「コネクテッドゲートウエイ」と、車両のボディー制御機能を統合したECUである。従来のクラシックECUと異なり、OTA(Over The Air)によるソフト更新にも対応するため、ソフト開発は車両の出荷後も続く。

 ID.3はICAS1のほかに、「ICAS2」「ICAS3」と計3台の統合ECUを搭載する。ICAS2とICAS3の詳細は不明だが、一方がADASや自動運転、もう一方が統合コックピットやHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)を担う統合ECUとみられる。エレクトロビットが担当したのはICAS1だけだが、それでも前例のない複雑なプロジェクトだったとする。

VWの新型EV「ID.3」
VWの新型EV「ID.3」
(出所:VW)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、クルマのソフト開発は複雑化の一途をたどっている。米McKinsey & Company(マッキンゼー・アンド・カンパニー)の調査によると、コネクテッドや自動運転などの追加によってクルマのソフトの複雑さは、ソフト開発の生産性に対して2~3倍のペースで増えているという(関連資料)。ソフトの複雑さと生産性のギャップを埋めるためには、「IT業界を参考に、さまざまな知恵を取り入れる必要がある」とマーティン氏は指摘する。

ソフトの複雑さと生産性にギャップ
ソフトの複雑さと生産性にギャップ
(出所:マッキンゼー・アンド・カンパニー)
[画像のクリックで拡大表示]