全1530文字

 日産自動車は2020年11月24日、小型車「ノート」を全面改良して同年12月23日に日本で発売すると発表した。事業構造改革計画「Nissan NEXT」に掲げる日本における新車攻勢の第2弾となる車両である注)

注)第1弾の車両は、20年6月に発売した小型SUV(多目的スポーツ車)「キックス」である。

 同社のシリーズハイブリッド機構「e-POWER」の第2世代版を全車に採用し、走行性能と燃費性能を高めた。先代車にはガソリン車もあったが、新型車ではガソリン車を設定していない。また、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載し、予防安全性能を強化した。さらに、プラットフォームを刷新し、衝突安全性能を高めた(図1)。

ノートe-POWER
図1 新型「ノートe-POWER」
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 8年ぶりの全面改良となる新型車に搭載した第2世代のe-POWERは、前輪を駆動するモーターとインバーターを刷新した。モーターの最高出力は85kWで、最大トルクは280N・m。先代車に比べて最高出力を6.2%、最大トルクを10.2%高めた。これにより、発進時や中高速からの加速性能が向上した。

 インバーターは、先代車に比べて約40%の小型化と約30%の軽量化を実現した。発電用エンジンの最高出力は60kWで、最大トルクは103N・m。エンジンの型式は先代車と同じだが、最高出力を2kW高めた。最大トルクは変わらない。

 燃費性能はWLTCモードで29.5km/L、JC08モードで38.2km/Lとなった。JC08モードで見ると、先代車より1.0km/L改善した。また、路面からのノイズが大きい場合にエンジンを駆動させて発電する制御システムを搭載し、静粛性をより高めた(図2)。

新型車と先代車のパワートレーン
図2 新型車と先代車のパワートレーン
日産自動車の発表データを基に日経Automotiveが作成
[画像のクリックで拡大表示]