全1419文字
PR

 サイバーエージェント(CA)は、人工知能(AI)を活用して「AIモデル」と呼ぶ架空の人物モデルを生成するサービスの提供を2020年11月に開始した。インターネット広告で培った独自の効果予測技術などを生かして、企業やブランドの広告ターゲットに適したモデルを生成し、バナー広告などの素材に用いる。

 一般に、人物モデルを起用して広告を制作する場合、企業のイメージや広告ターゲットに適した人物を担当者の判断で選定しなければならない。選定した後も、モデルとの契約やその更新といった手間がかかる。インターネット広告では、広告を動的に出したり下げたりする「運用型広告」が主流を占めるが、効果を維持するためには多様な種類の広告を制作しなければならない。しかし、コロナ禍を受けて人物モデルの選定や撮影は難しくなっている。CAはこうした背景から今回のサービスを開発した。

人物モデルを広告に起用する際の課題
人物モデルを広告に起用する際の課題
(出所:サイバーエージェント)
[画像のクリックで拡大表示]

GANと広告効果予測のAIを組み合わせ

 AIモデルの生成にあたっては、ディープラーニング(深層学習)に基づく生成AIの一種である「GAN」(敵対性生成ネットワーク)を使う。GANは2種類のAIを競わせて画像などを生成する手法だ。今回のケースでは、架空の画像を生成するAIとその精度(人間らしさ)を判定するAIを競わせることで、より自然に見える画像を生成する。こうして生成したAIモデルの顔画像から、特定の広告主にとって効果を望めそうな候補を効果予測のAIが選び出す。

架空の人物モデル「AIモデル」を生成するプロセス
架空の人物モデル「AIモデル」を生成するプロセス
(出所:サイバーエージェント)
[画像のクリックで拡大表示]

 GANで生成されたAIモデルの画像は2次元である。このため、広告に使用する画像を広告主の企業が選んだ後、頭部と首を3次元化する。これにより表情や髪形、顔の向きなどを変更して、実写の人物ボディーや背景にAIモデルの頭部を合成する際、より自然な仕上がりにできる。