全1233文字
PR

 ビックカメラがベンチャーと協業し、カメラ機材の「テイクアウトレンタル」を始めることが日経クロステックの取材で分かった。新品の機材をレンタルし、気に入ったらレンタル料を差し引いた価格でそのまま購入できる新しい購買の仕組みで、家電量販店が導入するのは極めて珍しい。2020年12月2日にも発表し、同4日から開始する。

 カメラ機材のサブスクリプションサービス「GooPass」を提供するベンチャー企業、カメラブ(東京・渋谷)と協業契約を結んだ。テイクアウトレンタルは店舗を使った両社による実証実験の位置付けで、この新しい購買体験が消費者に受け入れられるかどうかを検証する。

(写真:日経クロステック)
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ビックカメラの店頭でカメラ機材を購入する際に、新品の在庫をレンタル品として持ち帰って実際に使用感を試し、その後で買い取ることが可能になる(最低レンタル期間は2カ月)。購入に至らない場合は、GooPassの新プランである「テイクアウトレンタル」として一定期間後に返却できる。

 例えば、10万円(税込み)のカメラを購入する場合に、月額レンタル料の仮価格が6380円(同)だったとする。レンタルを開始して2カ月以内であれば、支払ったレンタル料を商品価格から差し引いて購入できる。2カ月目に購入する場合は10万円ー1万2760円=8万7240円の追加支払いとなる。そのまま返却する場合は、一般的なレンタルサービスと同様に、1万2760円を支払うだけだ。

 レンタルが3カ月以上になると、GooPassの手数料(一律20%)が生じ、購入者の合計支払金額は12万円(同)となる。最大レンタル期間は12カ月で、期限に達した際に購入か返却を消費者が選択する。12カ月たたずに合計支払金額(この場合は12万円)に達した際はその時点で購入完了となる。