全1647文字
PR

 KDDIがクラウドサービス事業者との距離を急速に縮めている。2020年12月16日、米Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス、AWS)と組んで第5世代移動通信システム(5G)向けの新たなクラウドサービス「AWS Wavelength(ウエーブレングス)」の提供を始めた。

通信事業者の自社網内で「折り返し」

 Wavelengthは通常のクラウドサービスよりも利用者に近い位置にある通信事業者のネットワーク内でデータを処理するサービスだ。具体的にはKDDIの5Gネットワーク内にAWSのサーバーやストレージなどを設置し、そこからAWSの各種クラウドサービスを提供する。インターネット上にあるクラウド設備ではなく、利用者により近い場所で折り返すことで、低遅延でのアプリケーション実行を期待できる。

 「従来のクラウドサービスはモバイル通信網(内のデータ通信)の遅延だけでなく、AWS(設備)までのインターネットの部分でも遅延が発生し、かつ遅延時間の変動も大きい」と、KDDIの丸田徹執行役員ソリューション事業本部サービス企画開発本部副本部長は話す。そのため自動運転のように、データ通信のわずかな遅延も許されない用途には適用しにくい面があった。

「AWS Wavelength」を発表するKDDIの丸田徹執行役員
「AWS Wavelength」を発表するKDDIの丸田徹執行役員
(出所:KDDI)
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIとAWSはWavelengthにおけるデータ通信の遅延時間を明らかにしていないが、おおむね「従来の4Gで通常のクラウドに接続する場合に比べて半分程度」(同)になるという。データをリアルタイムでやり取りする必要のある遠隔手術やスマート工場、オンラインゲームなどの用途を見込む。当初は東京の5Gサービスエリアで提供し、次いで大阪に拡大する予定だ。