全1122文字
PR

 新生銀行は、ビデオ端末を介して個人客の相談に対応する無人拠点「新生サテライトラウンジ」を2021年1月5日、東京都中央区のシェアオフィス「WeWork東京スクエアガーデン」内に開設した。WeWork Japanとの業務提携に基づくもので、「ビデオ相談ができる無人拠点は邦銀初」(同銀行)という。

 同銀行はニューノーマルに即したリテールチャネル戦略として、店舗のあり方や取引方法を見直す「バーチャルSFC(新生フィナンシャルセンター)構想」を進めている。今回の無人拠点開設はその一環になる。

 新生サテライトラウンジは、WeWork拠点内の個室に設ける。新生銀行の顧客は同銀行のWebサイトを介してオンライン予約を済ませてからWeWorkで受付をする。個室では、資産運用などについて新生銀のスタッフが遠隔地からアドバイスをする。また銀行客は相談の前後に、WeWorkの共用エリアを利用できる。

新生サテライトラウンジの外観(左)と個室の内部(右)
新生サテライトラウンジの外観(左)と個室の内部(右)
(出所:WeWork Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 サテライトラウンジで使うビデオ会議のツールは、対話システム開発のFacePeerが手掛けるビデオチャットプラットフォーム「FaceHub」を採用した。その理由は、タブレットを使い顧客側で諸手続きができる仕組みをFaceHubで構築済みであること、FaceHubがカスタマイズしやすく社内の他のシステムとも連携しやすいことの2点だという。利用に当たり、客はパソコンなどの端末を持参する必要はない。

 新生銀行は、首都圏や店舗がない地域などに同ラウンジを展開するほか、各種手続きや取引について同ラウンジで対応できるよう2021年度中に整備する。今後1~2年の間に同ラウンジを計4~5カ所設置する予定だ。