全1975文字

 「NTTドコモがahamoを発表した時、どう立ち向かうのかと社内で盛り上がった。今回、単純に料金を合わせるのではなく最安値にし、さらにトッピング機能という特徴も仕立て上げられたことにワクワクしている」――。KDDI社長の髙橋誠氏は2021年1月13日、この日発表した新料金プラン「povo(ポヴォ)」に自信を見せた。

新たな料金プランを発表するKDDI社長の髙橋誠氏
[画像のクリックで拡大表示]
新たな料金プランを発表するKDDI社長の髙橋誠氏
(出所:KDDI)

 povoは、NTTドコモが20年12月に発表した「ahamo」、そしてソフトバンクがahamo対抗として同年12月末に発表した「SoftBank on LINE」と同様のオンライン契約専用プランだ。

 ahamoとSoftBank on LINEが月20Gバイトまで使えて月額2980円(税抜き、以下同)という値付けにしたのに対し、povoは月20Gバイトまで使えて月額2480円と500円安くした。ahamoとSoftBank on LINEと同様に、細かな割引条件が一切ないシンプルなプランだ。

 povoには、ahamoとSoftBank on LINEに含まれる5分以内の国内通話かけ放題が入っていない。髙橋氏は「20代のユーザーの6割は通話時間が月間10分未満であり、インターネット通話アプリで十分という人が多い」とし、あえて他社と横並びにはせず最安値を追求した。

 大手3社で発表が最後発となっただけあり、他社との差異化を追求した。povoの最大の特徴は、「トッピング」と呼ぶさまざまな追加オプションを、月ごとや日ごとにオンラインで気軽に付けたり外したりできる機能だ。

新プラン「povo」は、利用者が月や日ごとにトッピングメニューを付けたり外したりできる
[画像のクリックで拡大表示]
新プラン「povo」は、利用者が月や日ごとにトッピングメニューを付けたり外したりできる
(出所:KDDI)

 例えば追加で200円を支払うことによって、データ通信を24時間使い放題とするトッピングメニューを用意した。「休日にネットフリックスで大ヒットしているドラマ、愛の不時着を思う存分見たい場合、200円を支払うと、もともとある20ギガバイト分とは別にデータ通信量がノーカウントになる」(髙橋氏)。5分以内の国内通話かけ放題の追加トッピングも月500円で提供する。これを加えると月2980円となり、他社と横並びの水準となる。

 povoを開始する21年3月時点で24時間データ通信使い放題など4種類の追加トッピングメニューを用意する。メニューは今後、拡充する計画だ。

 既存の大容量プランも値下げし、シンプルな料金体系に見直した。データ通信使い放題となるプラン「使い放題MAX5G/4G」は、4Gと5G(第5世代移動通信システム)共通とし月額6580円で提供する。既存の4G料金と比べた場合、1070円の値下げ、5Gでは2070円の値下げとなる。「分かりづらい」という批判もあった6カ月間や1年限定の割引も排除し、プランを単純にしている。