全1295文字
PR

 トヨタ自動車が2021年春ごろに実用化する新しい運転支援機能で、車載Ethernet(イーサーネット)を同社として初めて採用する。従来の車載通信に比べて、大容量データを高速伝送できる。車の付加価値をデータが左右する時代に備える考えだ。将来はインターネットの通信規格を自動車内に適用することで、クラウドと連携しやすくなる可能性がある。

レクサスLS
レクサスLS
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 レクサス「LS」から導入する運転支援機能「Teammate(チームメート)」の搭載車で、車載Ethernetを採用する。同機能は、高速道路などの自動車専用道路で、運転者の監視下で手放し運転できる「レベル2」に相当するもの。LSを皮切りにTeammateを他車種へと広げるのに併せて、車載Ethernetの採用がトヨタ車で増えそうだ。

 車載Ethernetは、自動車内のECU(電子制御ユニット)や電装品同士をつなぐ車載ネットワーク。従来の車載LANであるCAN(Controller Area Network)などに比べて、データ伝送の高速化やネットワーク構成の簡素化、IP(インターネットプロトコル)ベースの通信などを実現しやすくなる。