全992文字
PR

 ドイツAudi(アウディ)の日本法人であるアウディジャパンは2021年1月13日、SUV(多目的スポーツ車)タイプの電気自動車(EV)2車種を日本で発売した。20年9月に日本で発売したクーペタイプのEVより価格を抑えたほか、車両質量を軽くして走行性能を高めたのが特徴である(図1)。

e-tron 50 quattro
図1 SUVタイプの「e-tron 50 quattro」
(出所:アウディジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発売したSUVタイプの「e-tron 50 quattro」と「e-tron Sportback 50 quattro」は、日本における同社のEV攻勢を支える重要な車両になる。クーペタイプの「e-tron Sportback 55 quattro」よりも価格を抑えるために、搭載するリチウムイオン電池パックの容量を減らした。

 クーペタイプのEVは容量95kWhのリチウムイオン電池パックを搭載し、満充電からの航続距離は405km(WLTCモード、以下同じ)だった。前後の車軸に合計2個のモーターを搭載し、2個のモーターを合わせた最高出力は300kW、最大トルクは 664N・mである。

 これに対してSUVタイプのEVは、リチウムイオン電池パックの容量を71kWhに減らした。その結果、航続距離は316kmに短くなった。また、クーペタイプのEVと同様、前後の車軸に合計2個のモーターを搭載するが、2個のモーターを合わせた最高出力は230kW、最大トルクは540N・mにとどまる。航続距離やモーター性能の向上よりも、低価格を重視した()。

SUVタイプとクーペタイプの比較
表 SUVタイプとクーペタイプの比較
アウディジャパンの公表データを基に日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]