全1523文字
PR

 「全ての人に最適な『ワンプラン』を提供する」――。

 楽天子会社の楽天モバイルが2021年1月29日に開いた記者会見。三木谷浩史会長兼CEO(最高経営責任者)は2021年4月1日に始める携帯電話サービスの新料金プランについて、こう表現した。

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表する三木谷浩史会長兼CEO(最高経営責任者)
楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表する三木谷浩史会長兼CEO(最高経営責任者)
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

1ギガバイト以内は「0円」

 楽天モバイルがこの日発表した新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI(アンリミットシックス)」は、データ通信が完全定額制の従来プランに、月々のデータ通信量に応じた段階制の料金体系を組み合わせたのが特徴だ。

 月額2980円(税別、以下同)で使い放題になるのは従来通りだが、1カ月のデータ通信量が20ギガバイト以内では1980円に、3ギガバイト以内なら980円まで引き下げる。さらに1ギガバイト以内の場合は無料とする。

 三木谷会長が「MVNOも含めて競争力がある」と意気込む新プラン。従来通り上限を2980円としつつ、新たに「20ギガバイト」や「3ギガバイト」「1ギガバイト」を境に料金を変更する点には、値下げで先行する競合他社への対抗意識がにじみ出る。

 例えばNTTドコモの「ahamo」など携帯大手3社が2020年12月以降に相次いで発表した最大20ギガバイトの中容量プランは、月額2480~2980円の水準だ。また、KDDIとソフトバンクがサブブランドを通じて始める最大3ギガバイトの小容量プランは1480~1980円。中小いずれの容量でも楽天モバイルが下回る。

 1ギガバイト未満が無料になるため、小容量プランでの割安感を武器としてきたMVNO(仮想移動通信事業者)に比べても安さが目立つ。