全3077文字

 トヨタ自動車グループで、ソフトウエアやスマートシティー開発を手掛けるウーブン・プラネット・グループ(Woven Planet Group)は2021年1月29日、同年1月の会社設立に併せて幹部が方針を説明した。ソフトの強みを生かして自動車業界に攻め込む米Google(グーグル)系Waymo(ウェイモ)や米Apple(アップル)などIT勢に対し、「世界一安全なソフト」を開発する体制を構築して迎え撃つ。

ウーブン・プラネット・グループの組織形態(出所:ウーブン・プラネット・ホールディングス)
ウーブン・プラネット・グループの組織形態(出所:ウーブン・プラネット・ホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 持ち株会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス(Woven Planet Holdings)の下に、自動運転技術のウーブン・コア(Woven Core)、スマートシティー開発などのウーブン・アルファ(Woven Alpha)、投資事業のウーブン・キャピタル(Woven Capital)を配置した組織で始動する注1)。社名から「あえてトヨタの名前を外した」(トヨタ社長の豊田章男氏)ことで、自動車メーカーとしては競合する企業とも協業しやすくする狙いを込めたとみられる。

注1)トヨタが2018年3月に設立したソフト子会社トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(Toyota Research Institute - Advanced Development、TRI-AD)を前身とし、スマートシティー事業や投資事業を新たに加えた。

ソフト戦略の中核「Arene」とは?

 ウーブン・プラネットは、トヨタにとって「ソフトウエアファースト」を実現する舞台でもある。持ち株会社でCEO(最高経営責任者)のジェームス・カフナー氏は、自動車の付加価値がハードウエアからソフトウエアに移る中、「世界で最も品質が高いソフトの開発環境を構築する」と意気込む。

ジェームス・カフナー氏(出所:ウーブン・プラネット・ホールディングス)
ジェームス・カフナー氏(出所:ウーブン・プラネット・ホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ソフトウエアファースト」とは、まずソフトありきで開発を進め、それに合わせてハードを選ぶ考えのこと。「SDA(Software Defined Architecture)」とも呼べる。今後の自動車はソフト開発がボトルネックで「SDAを取り入れないと開発そのものが困難」(カフナー氏)とする。SDAでソフトとハードを分離し、個別に並行開発することで効率を高める。

 ソフト戦略の中核と位置付けるのが、「Arene(アリーン、またはエイリーン)」と呼ぶ開発環境だ。自動車メーカーのノウハウを生かした高度なテスト、シミュレーション環境をクラウドベースで提供し、「世界一安全なモビリティー向けソフトを開発できる」(カフナー氏)と主張する。クルマを詳しく知らないユーザーでも、アイデア次第で、さまざまなモビリティー関連のアプリやサービスを生み出せる仕組みだ。

 Areneは、ユーザーの声をフィードバックしながらソフトを素早く改善していく「アジャイル開発」や「DevOps(デブオプス)」といった手法をベースにする。ソフトの“カイゼン”を積み重ねることから、「トヨタ生産方式(TPS)のソフト版」(カフナー氏)とも位置付ける。「カスタマーファースト(顧客優先)のソフト開発を実現する上でも重要」(ウーブン・プラネット・ホールディングスCOO(最高執行責任者)でウーブン・コアPresidentの虫上広志氏)とする。

 Areneは社内で利用すれば、内製ソフトの開発に利用できるほか、パートナー企業に公開すれば、協業ツールにもなる。「魅力的な開発環境を整備することで、世界中の優秀な技術者を集められる」(カフナー氏)とする。「すでに先行ユーザーにはAreneのプロトタイプを試してもらっており、デバッグに協力してもらっている」(同氏)。実用化時期は明らかにしなかったが、乗用車やMaaS(Mobility as a Service)車両に加え、スマートシティーへの適用も目指しているようだ。