全2007文字
PR

 日本マイクロソフトが、パブリッククラウドサービスAzureの販促に向けて、「内製化」をキーワードにした強化策を打ち出した。企業・官公庁のデジタル変革(DX)に向けたシステム構築の需要が急速に高まるなか、従来のように委託と多重下請けに頼った業界構造に頼ったままでは市場ニーズを捉えきれないという判断があるようだ。2021年2月2日にメディア向け説明会を開いて説明した。

 上原正太郎業務執行役員Azureビジネス本部本部長は「世界的には、開発と運用を一体化するDevOpsや、サーバーレスやコンテナなどのクラウドネイティブ技術を使ったシステム構築が伸びている。一方で、日本は世界各国に比べてIT技術者がユーザー企業側よりもベンダーに集中しており、システム構築を外部委託に依存する文化がある」と述べた。

 企業がDXを効果的に進めるには、システム構築に加えて業務の変革や従業員の教育を並行して進め、その過程で出てきた課題をシステムにフィードバックするサイクルを回す必要がある。委託先任せではこうしたサイクルをスムーズに回せないため、ユーザー企業が主体となってシステムを内製化する必要性が高まる。ユーザー企業の間で内製化への気運が高まっているのを受けて「当社としても支援していきたい」(上原本部長)。

最短3日間のハッカソンプログラム

 日本マイクロソフトは具体策として、ユーザー企業の内製化を支援する2つのサービスを挙げた。既存の「Azure Light-up」の強化と、新サービス「Cloud Native Dojo」である。

 Azure Light-upは、ユーザー企業向けに「超短期実装ハッカソン」を体験してもらうプログラムだ。日本マイクロソフトのパートナー企業が指南役となって、最短3日間でアジャイル開発の形式でシステムのモックアップまでを作成する。価格は個別見積もりだが、1回200万円程度からになる。

Azure Light-upの概要
Azure Light-upの概要
(出所:日本マイクロソフト)
[画像のクリックで拡大表示]

 既にサービスを開始しており、実績もある。富士フイルムのシステム子会社である富士フイルムソフトウエアに対して、日本マイクロソフトの技術者と同社のパートナーであるゼンアーキテクツの技術者が短期集中型プログラムを数回にわたって提供した。富士フイルムソフトウエアはクラウドネイティブ技術によるアジャイル開発のノウハウを持つ技術者を内部で育成でき、今後のシステム刷新を内製化する手がかりを得たという。