全4300文字

 OKIデータはカラーLEDプリンターの戦略新機種の生産を同社タイ工場でリモート立ち上げする。新型コロナウイルス感染症(COVID-19、以下新型コロナ)の影響で国内技術者の現地出張が事実上不可能になる中、オンライン会議システムを活用して現地スタッフによる課題の抽出と解決を支援し、量産ライン立ち上げを成功させる手法を模索。試行錯誤の末に日本人スタッフを出張させた際と同等の製品品質と作業効率を実現した。当初予定通りの2020年11月には現地スタッフだけで新規生産ラインによる最終量産試作を完遂。21年2月には本格的な量産に入る。

OKIデータ高崎工場の「コックピット」
OKIデータ高崎工場の「コックピット」
タイ工場とリモートでつながる。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 リモート生産立ち上げの導入でOKIデータは今回、製品売り上げへの貢献も含めて約3億円分の効果を見込む。質の高い遠隔支援を実現するための機材の準備や、試作1号機の航空便による送付といった出費に加え、手法の確立に至るまでの試行錯誤による時間的ロスはあったものの、延べ42人分の海外出張をなくせたことなどで費用面は大幅に節約できた。

高崎事業所にオンライン指令所を設置

 OKIデータがタイ工場(OKI Data Manufacturing(Thailand)、アユタヤ県ロジャナ工業団地)でこのほど生産を始めるのは2020年10月22日発表のカラーLEDプリンター「COREFIDO C650dnw」(図1)である。「この機種の拡販が社運を握る」と意気込む戦略機種だ。

図1 OKIデータの新型カラープリンター「COREFIDO C650dnw」
図1 OKIデータの新型カラープリンター「COREFIDO C650dnw」
2020年10月22日に発表。タイ工場での最終量産試作を予定通りに実行した。(出所:OKIデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 COREFIDO C650dnwの製品仕様は19年末までに固まっており、20年2月からタイ工場で生産準備、第1段階の試作「β1ステージ」を始めていた。β1ステージの問題を洗い出して次のステージに進もうという矢先にコロナ禍が襲う。20年3月には生産ライン立ち上げを支援する技術者の出張が不可能になった。

* COREFIDO C650dnwの発表時には2020年11月出荷予定だったが、21年1月現在では同2月出荷開始となっている。20年4月にβ1-1、同8月β1-2、同10月β2、同11月にはPSU(Production Start Up)を完遂するなど予定通り進行していた。PSUで改善点が見つかったため21年2月までに「PSU2」を実施する予定。

 OKIデータはこれまで、生産準備の過程で2段階の試作ステージβ1、β2を経てラインを確立。量産試作「PSU(Production Start Up)」で最終確認して問題がなければそのまま量産に移行するステップを踏んでいた。各段階で修正しておくべき点が見つかった場合は、解決できるまで同じステップを複数回実行する。

 海外工場でのライン立ち上げ時には日本から設計、生産技術(生産設備開発、加工技術)、品質、調達の各部門から選ばれたメンバーがチームを組んで現地に出張。試作を含む全過程で課題の洗い出しと原因の解明、対策を実施していた。なお、PSUで問題がなければ生産品は量産第1ロットとして出荷される。