全1666文字
PR

 出光興産とタジマモーターコーポレーション(東京・中野、タジマモーター)は2021年2月16日、超小型電気自動車(EV)を用いたモビリティーサービス事業を手掛ける新会社を、同年4月1日に設立すると発表した。出光のサービスステーション(SS:給油所)ネットワークと素材開発技術、タジマモーターのEV設計技術を活用し、超小型EVの製造・販売や同EVを核としたモビリティーサービスを提供する計画である。

 新会社の「出光タジマEV」は、タジマモーターの関連会社でEVの開発を手掛ける「タジマEV」に出光興産が出資し、社名を変更して発足させる。新会社として初となる超小型EVは21年10月に開催予定の「東京モーターショー2021」で発表し、量産車を22年中に発売する。車両の開発と試作は新会社が行い、量産は外部のサプライヤーの協力を受けて出光の拠点などで行う計画だ。

 同日にオンラインで会見した出光社長の木藤俊一氏は、「全国に約6400カ所ある当社のSSを有効活用し、地域の活性化に貢献していきたい」と述べた(図1)。同社のSSでは新会社が開発した超小型EVを販売するほか、同EVの充電や車両のメンテナンス、カーシェアなどの様々なサービスをパッケージにして提供する計画である。

木藤俊一氏
図1 出光興産社長の木藤俊一氏
(出所:出光興産)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在開発中の超小型EVの車両寸法は全長2495×全幅1295×全高1765mmで、4人乗りと1人乗り(カーゴタイプ)の2車種を用意する。駆動用モーターの最高出力は15kWであり、60km/h以下で走行する。

 車両寸法やモーターの最高出力、最高速度は、国土交通省が定めた超小型モビリティーの新規格(型式指定車)に準拠している。衝突安全などの安全性能についても、国交省が定めた超小型モビリティーの基準をクリアできるという。

 リチウムイオン電池の容量(総電力量)は10kWhであり、1充電からの走行距離は約120kmを目指す。今回の超小型EVは高速道路などを利用できない低速走行車であることを踏まえ、リサイクルしたリチウムイオン電池の利用も想定する(図2)。

超小型EV
図2 開発中の超小型EV
(出所:出光興産)
[画像のクリックで拡大表示]

 タジマモーター会長兼社長/CEO(最高経営責任者)の田嶋伸博氏は同日の会見で、「量産時の価格は150万円以下に抑えたい」とした。ただ、中国で50万円以下の低価格EVが登場していることを受けて、「量産化などによって、いずれは50万円以下の価格に挑戦する」と強調した(図3)。

田嶋伸博氏
図3 タジマモーター会長兼社長/CEOの田嶋伸博氏
(出所:出光興産)
[画像のクリックで拡大表示]