全1426文字
PR

 富士通研究所は2021年2月16日、スーパーコンピューター「富岳」を活用して沿岸域の津波浸水を予測できるAI(人工知能)モデルを東北大学などと共同開発したと発表した。沖合の津波観測点で津波の波形を観測してから数秒で沿岸域の津波浸水状況を予測できる。東日本大震災から10年という節目の年に、津波被害を抑える切り札となるか。

 新たなAIモデルは2つのAIから成り立つ。1つは陸地での浸水状況を概算するAIだ。気象庁や国土交通省港湾局などが海岸から数10キロメートルから200キロメートルほど離れた地点に設置している沖合津波観測点で観測した津波の波形データを基に計算する。もう1つは概算した浸水状況を3メートル単位のメッシュで高精度に予測するAIだ。東北大学災害科学国際研究所、および東京大学地震研究所と共同開発した。

 開発したAIモデルの利点について富士通は「一般的なパソコンを使って、津波観測点が津波波形を観測してから数秒で浸水状況の予測ができることだ」(広報)と説明する。「これまでは大規模なスパコンによる数分間のシミュレーション計算やデータベース検索が必要であるなど、予測システムの構築や運用が困難という課題があった」(同)。AIモデルの開発にかかった期間は1か月程度だ。

 富士通研究所などは今回開発したAIモデルをパッケージソフトとして販売予定で、利用する際には富岳に接続する必要はない。観測した波形データを一般的なパソコンに入力すれば浸水状況を予測できる。これにより「システムの構築や運用が大幅に容易になる。各自治体が主体となり、必要な地域を対象に高精度な津波予測が可能になる」(富士通広報)見込みだ。