全1867文字

 パナソニックの子会社であるShiftall(シフトール、東京中央、岩佐琢磨代表)は2021年2月19日、VR(仮想現実)ボディートラッキング周辺機器「HaritoraX(ハリトラックス)」を開発すると発表した。21年春から夏までをめどに3万円を切る価格で発売する。

パナソニックのデジタル1眼レフカメラ「LUMIX S5」の3Dデータ
パナソニックのデジタル1眼レフカメラ「LUMIX S5」の3Dデータ
リアルなカメラをアバターに持たせられる(出所:Shiftall)
[画像のクリックで拡大表示]

 VRユーザー向けに3Dデータの販売も始めた。第1弾はパナソニックのデジタル1眼レフカメラ「LUMIX S5」とレンズだ。VR空間内でユーザーの分身となるアバターがLUMIXのロゴ付きのリアルなカメラを持てるようになる。

パナソニックが開発中のVRグラスが第2弾
パナソニックが開発中のVRグラスが第2弾
(出所:Shiftall)
[画像のクリックで拡大表示]

 3Dデータ販売は今後拡充する。第2弾としてはパナソニックがCESなどで公開した開発中のVRグラスを予定する。カメラやVRグラスのデータ販売については、2021年2月20日から28日までVR空間内で開催されたイベント「クロスマーケット2」のエントランスに大きな広告を掲示して告知した。

「クロスマーケット2」のエントランスの告知看板
「クロスマーケット2」のエントランスの告知看板
(出所:Shiftall)
[画像のクリックで拡大表示]