全2023文字
PR

 ソニーや米Apple(アップル)が次世代モビリティー事業に参入する動きを見せる中、トヨタ自動車は、MaaS(Mobility as a Service)時代の到来を見越して、走行中または停車中の自動運転車両や家などを、映画館やライブ会場などのエンターテインメント空間や旅行空間に変える事業を始める可能性が出てきた。

 トヨタ自動車、トヨタ紡織、NTTドコモ、JTBなどは2021年2月12日~19日、愛知県にある愛・地球博記念公園(モリコロパーク)においてXR(eXtended Reality)技術を搭載する自動運転車両「MOOX(ムークス)」や、移動を仮想化するVR(Virtual Reality)空間「SQUAL(スクォール)」などの実証実験を共同で実施した。2月13日以降は一般の人も試乗、または見学できるようにした。

トヨタ紡織、ティアフォーなどが開発した自律運転車両「MOOX」
[画像のクリックで拡大表示]
トヨタ紡織、ティアフォーなどが開発した自律運転車両「MOOX」
(写真:日経クロステック)
MOOX(その2)
[画像のクリックで拡大表示]
MOOX(その2)
(写真:日経クロステック)
(動画撮影:日経クロステック)

 狙いは、移動に付加価値を提供したり、あるいは、移動しないまま、移動に近い体験を得られる「空間配達サービス」(トヨタ自動車)を提供したりすることにある。そのために、車両や部屋の内部全面をディスプレーにしたり、音響設備やカメラなどを設置したりする必要がある。ただし、「我々が家電製品を直接手掛けることはなく、パートナー企業と共同、さらにはオールジャパンで新しいサービスの提供を考えていく」(同社)という。

 今回披露した実証実験は、MOOX(Mobile BOX)とSQUAL(Service Call/Quality)、そしてトヨタ自動車とLIXILが共同開発した移動式のモバイルバリアフリートイレの大きく3種類に分かれる。

 まず、MOOXは、時速約5kmで公園内のルートを自立走行するマイクロバス(運転手を含んで定員3人)。走行中、車内の大型ディスプレーにゲーム映像やバーチャルアイドルのライブ映像を投影する。それらの背景映像は、位置情報や慣性計測センサーユニット(IMU)を用いて外の景色と連動するようになっている。映像の表示位置は車内カメラで乗客の目線の高さを把握し、調節している。さらに、乗客の手のジェスチャーなども認識して、ゲームに参加できるようにした。

MOOXの内装の様子
[画像のクリックで拡大表示]
MOOXの内装の様子
座席正面(画像では左)に半透明ディスプレー、右側(正面)に一般的なディスプレーがある。一般のディスプレーの上下に5つずつ並んでいる四角い部分は車内を殺菌するためのUV灯。(写真:日経クロステック)
(動画撮影:日経クロステック)

 つまり、ビデオ投影型ARヘッドセットでバーチャルアイドルを見るのに似た体験を移動中の車内でできるわけだ。さらには着座シートに心拍センサーや振動素子を実装し、映像に合わせて座席が振動する仕掛けも作りこんだ。これは最近の「4D映画館」に似ている。

 MOOXは、トヨタ紡織の車室空間企画センターなどが開発したゴルフカートがベースの車両。ただし、自律運転機能は自動運転ソフトウエアの「Autoware」などを開発するティアフォーが実装した。GPSを含むGNSS(全球測位衛星システム)とIMUで走行位置を確認しながら、走行ルート上の障害物はLiDAR(Light Detection And Ranging)で検知する。路側には走行を監視するカメラを設置し、そこからNTTドコモの5Gサービスインフラを介して、遠隔監視室に映像を表示させるようにもした。