全2040文字
PR

 「Apple Watchで心電図をいつでも記録できるようになったことはデジタルヘルス分野の大きな進展だ。ただし異常があったときの心電図を記録することが大事になる。いつ記録すれば効果的に病気の早期発見につながるかを明らかにしたい」(慶応義塾大学医学部 循環器内科の木村雄弘専任講師)――。

 Apple Watchの心電図アプリケーションが日本で利用可能になった直後の2021年2月1日、慶応義塾大学病院がApple Watchを利用した臨床研究「Apple Watch Heart Study」を開始した。Apple Watchで測定した心電図や脈拍などの生体データと、睡眠やストレスなどの生活に関するデータを合わせてAI(人工知能)で解析。どのようなときに心電図を記録すれば心臓の異常を検出できる可能性が高いかを明らかにし、脳梗塞のリスクが高まる心房細動などの病気の早期発見につなげる。

研究用アプリ「Heart Study AW」と、Apple Watchの心電図アプリケーションで心電図を記録している様子
研究用アプリ「Heart Study AW」と、Apple Watchの心電図アプリケーションで心電図を記録している様子
(出所:慶応義塾大学病院)
[画像のクリックで拡大表示]

 心電図は心臓に異常があるときに記録することが重要になる。一方でApple Watchで心電図を記録するには、利用者が心電図アプリを起動して、本体の竜頭(つまみ)に指を当てる必要がある。つまり常に記録しているわけではないので、動悸(どうき)などの自覚症状がない場合は、必ずしも異常なときの心電図を記録できるとは限らない。

 心房細動の兆候を「不規則な心拍の通知」として検出するプログラムの利用も可能になったが、「Apple Watchは常に脈拍を監視しているわけではないので、通知がないから心房細動がないとは言えない」(木村専任講師)という。

 心電図を記録すべきタイミングを明らかにするために慶応義塾大学病院は、2つの臨床研究を実施する。

 1つは慶応義塾大学病院に通院する100人の心房細動患者が対象の「Apple Watch Heart Study慶応義塾版」。Apple Watchによる心電図と脈拍の記録に加えて、臨床現場で使用している心電図検査(胸に貼り付けて2週間心電図を記録するパッチ型の長時間心電図と携帯型心電図)を併用してもらいデータを比較する。さらに診療データとApple Watchで計測したヘルスケア関連データを、睡眠や飲酒、ストレスとの関係に着目してAIで解析し、どのようなときに不整脈になりやすく、いつ心電図を記録したらいいかを推定するアルゴリズムを構築する。