全1399文字

 経済産業省は2021年3月2日、街の課題解決に資するスタートアップ企業の取り組みを同省のWebサイトなどで紹介する「NEW NORMAL LAB(ニューノーマルラボ)」を開始した。併せて同省は同日、東京都渋谷区やスタートアップ企業、東急の協力を得て、同ラボの第1弾となる「NEW NORMAL LAB渋谷」の発表会と企業によるデモンストレーションを開催した。

 経産省によるスタートアップ支援の施策としては、これまでも「J-Startup(スタートアップ育成支援プログラム)」や「新技術等実証制度(規制のサンドボックス制度)」などを展開している。しかし、今回のような「渋谷の課題解決」といった特定の地区にターゲットを絞った取り組みは珍しい。

経済産業省による「NEW NORMAL LAB渋谷」の公式サイト。参加企業の技術やサービスを紹介する
経済産業省による「NEW NORMAL LAB渋谷」の公式サイト。参加企業の技術やサービスを紹介する
(出所:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 渋谷区内の複数の会場で開かれたデモンストレーションでは、短距離移動手段のシェアリング事業を手掛けるLuup(ループ、東京・渋谷)や、施設の混雑情報を配信するバカン(東京・千代田)、遠隔接客サービスのタイムリープ(同)など10数社が出展した。

東京・神宮前で催された短距離移動手段のシェアリング事業を手掛ける「Luup(ループ)」のデモンストレーション
東京・神宮前で催された短距離移動手段のシェアリング事業を手掛ける「Luup(ループ)」のデモンストレーション
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]