全2180文字

 冬から春へ、季節の移ろいを感じる日が増えてきた。寒さに耐えた北国からは、雪解けを喜ぶ声が聞こえてくる。だが、自動車業界からは嘆きもこぼれる。「雪がなくなってしまう」――。地球温暖化の進行を憂えているわけではない。

 声の主は、自動運転技術の開発に携わる技術者たちである。雪が降り積もる冬にしかできない開発があり、スケジュールに遅れが出れば来年への“宿題”になる。実用化に向けた競争が加速する中での「1年待ち」は何としても避けなければならない。

 自動運転技術者にとって雪は、解決が求められる高いハードルである。分かりやすい例が、ホンダが2021年3月5日に発売した新型セダン「LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite」だ(図1)。世界に先駆けて「レベル3」の実力を備えた市販車だが、その自動運転機能は「特定の条件下」(ホンダ)に限って作動できるとした。

図1 ホンダの新型セダン「LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite」
図1 ホンダの新型セダン「LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite」
市販車初のレベル3の自動運転機能を搭載し、2021年3月5日に発売した。(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型レジェンドの開発責任者を務めたホンダ四輪事業本部ものづくりセンターの青木仁氏は自動運転機能の限界について、「雪は路面の白線が見えなくなるので作動できない」と説明する。カメラで白線を検知できない以外にも、各種センサーに雪が付着して誤認識を引き起こす懸念もある。だからホンダは、安全策として雪の条件下でのレベル3運転を見送った。

 雪で自動運転/ADAS(先進運転支援システム)の機能をオフにするのはホンダに限った話ではない。日産自動車がセダン「スカイライン」に搭載した手放し運転機能も、雪の悪条件下では作動しない。

 「特に難易度が高いのが、雨からみぞれ、そして湿雪に変わっていく天候の変化である。自動車メーカーや部品メーカーは入念な検証を続けているが苦戦しているようだ」。こう語るのは、環境試験器大手であるエスペックの開発本部で技術開発部長を務める青木雄一氏である。

 水分を多く含んだ湿雪は車体に張り付きやすく、自動運転/ADASに使うセンサーを覆ってしまう(図2)。各社が頭を悩ませているのがこの問題への対応だ。

図2 車体に積もる雪が自動運転の課題に
図2 車体に積もる雪が自動運転の課題に
(出所:Gorlovkv/PIXTA)
[画像のクリックで拡大表示]

 対応策として、センサーを取り付けているガラスやフロントグリルなどにヒーターを仕込んだり風圧で吹き飛ばす機構を設けたりすることが検討されている。コスト面を考えると、センサーやガラスなどの表面にコーティング処理を施すだけで雪の付着を防ぎたい。

 自動車メーカーや部品メーカーは対策技術を携えて、雪国へ向かう。日本では北海道や、湿雪が多い北陸地方などで性能検証を進めるのが通例だ。当然、北欧など海外にも足を運ぶ。

 だが、新型コロナウイルス禍ではかつてのような自由な移動は難しい。それでも、自動運転/ADASの開発競争は加速を続ける。来年の雪を悠長に待つほどの余裕はないのだ。