全1288文字
PR

 ホンダが2021年3月5日に発売した新型の高級セダン「レジェンド」は、標準搭載した先進運転支援システム(ADAS)に新たな機能を追加して、予防安全性能を強化した。具体的には、(1)車線変更時の衝突抑制、(2)近距離自動ブレーキ(前方と後方)、(3)後方の誤発進抑制──の3機能である(図1)。

レジェンド
図1 新型「レジェンド」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型レジェンド(以下、新型車)は、同社の最新ADAS「Honda SENSING Elite」を搭載する。ミリ波レーダーと単眼カメラのセンサー・フュージョン・システムと、LiDAR(レーザースキャナー)と単眼カメラのセンサー・フュージョン・システムを搭載してシステムを冗長化した。

 高速道路や自動車専用道路の単一車線における「レベル3」の自動運転(AD)機能「トラフィックジャムパイロット」や、ハンズオフ機能付き高度車線変更支援などの「レベル2+」の機能は、冗長化した2つのシステムを使って実現している注)

注)レベル2の従来のADAS「Honda SENSING」に、レベル3のAD機能やレベル2+の機能を加えたシステムを「Honda SENSING Elite 」と呼ぶ。

 これに対して、新たに追加した「レベル2」の3機能は冗長化した2つのシステムと、超音波センサーを使うシステムで実現した()。

追加した3機能と従来の10機能
図2 追加した3機能と従来の10機能
ホンダの資料を基に、日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 第1の車線変更時の衝突抑制では、車両の後ろ側方を監視するセンサーとして、後部バンパーの左右に装着したミリ波レーダーとLiDARを使う。車線変更などの操作時に後ろ側方から接近する車両との衝突の恐れがあるとシステムが判断すると、ディスプレーによる表示と警報音で運転者に回避操作を促すとともに、運転者の操舵(そうだ)を支援する。

 第2の近距離自動ブレーキでは、主に前後バンパーに装着した超音波センサーを使う。車両前後に壁などの障害物がある状態で、運転者がアクセルを強く踏み込んだことで衝突する恐れがあるとシステムが判断すると、自動でブレーキをかけて衝突を回避、あるいは衝突の被害を軽減する。