全3792文字

 世界初のレベル3の自動運転車であり、ハンズオフでの自動追い越しにも世界で初めて対応したのが、ホンダの新型セダン「LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite」(以下、レジェンド)である(図1)。2021年3月にリース販売を開始したものだが、同月下旬、同車に試乗してきた。

図1 今回試乗した新型セダン「LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite」
図1 今回試乗した新型セダン「LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite」
渋滞時のレベル3自動運転機能「トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)」や、ハンズオフでの自動追い越しが可能なレベル2プラスの運転支援機能「ハンズオフ機能付高度車線変更支援機能」を搭載する。いずれも高速道路で使える機能であり、市販車としては世界初のものだ。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 試乗コースは、首都高速道路(首都高)湾岸線(B)の有明インターチェンジ(IC)から葛西IC、そしていったん一般道に出てから再び葛西ICを逆方向に入り、空港中央ICで再度折り返して有明ICまで戻るというものだ。渋滞していなかった有明ICから葛西ICの間で、ハンズオフによる自動追い越しを体験。渋滞していた葛西ICから空港中央ICまでの区間、および空港中央ICから有明ICまでの区間でレベル3の自動運転機能である「トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)」を体験した。

 まず、ハンズオフでの自動追い越しの機能だが、正確には「ハンズオフ機能付高度車線変更支援機能」と呼ぶものだ。高速道路を「渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール」(以下、ACC)と「車線維持支援システム(LKAS)」を作動させている状態で、同一車線の前方に車速の遅いクルマが存在したとき、一定の条件を満たせば、運転者に告知した上で自動で車線を変更する。そして、隣接車線で追い越した後、一定の条件を満たせば、運転者に告知した上で元の車線に自動で復帰する。

 操作の流れとしては、まずACCのメーンスイッチを押し、車速を設定するスイッチを上下に倒して車速の上限を指定する(図2)。これによりACCが作動し、条件を満たしていれば、LKASも同時に作動する。同一車線内において設定された上限車速を保ちながら車線の中央を走行し、先行車が存在する場合は適切な車間距離を保ちながら追従する「ハンズオフ機能付車線内運転支援機能」が有効になる(図3)。

図2 「渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール」(ACC)のメーンスイッチと車速を設定するスイッチ
図2 「渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール」(ACC)のメーンスイッチと車速を設定するスイッチ
ACCのメーンスイッチを押し、車速設定スイッチを上下に押してACCの上限車速を設定するとACCが作動し、さらに条件を満たせば、「ハンズオフ機能付車線内運転支援機能」が有効になる。ステアリングホイールの中央右斜め下には、ハンズオフ機能付高度車線変更支援スイッチが配されている。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 ハンズオフ機能付車線内運転支援機能が有効になった状態
図3 ハンズオフ機能付車線内運転支援機能が有効になった状態
ステアリングホイール/ナビゲーションシステムの画面(ナビ画面)上部/グローブボックスに設けた表示灯が青く点灯し、メーターパネルに「周囲の安全を確認ください ハンドル操作はシステムが行います」と表示される。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 この状態でステアリングホイール中央の斜め右下にあるハンズオフ機能付高度車線変更支援スイッチを押すと、前述のハンズオフでの自動追い越しが可能になる(図2)。ただし、実際に自動追い越しを行うのは、先行車の車速が自車よりも一定以上に遅い場合。しかも、追い越しのために移る車線の後続車が、自車とどのくらい車速差があり、どのくらい後ろに離れているかについても条件が決められている。それらを満たしていれば、メーターパネルに車線変更を示す矢印が表示され、「右(左)車線を確認してください。車線変更します」という音声ガイドとともに、自動でウインカーが出され、ハンズオフのまま自動で車線変更が実行される(図4)。追い越し後に元の車線に自動で復帰する場合も同様だ。

図4 メーターパネルに表示されるハンズオフでの車線変更を示す矢印
[画像のクリックで拡大表示]
図4 メーターパネルに表示されるハンズオフでの車線変更を示す矢印
[画像のクリックで拡大表示]
図4 メーターパネルに表示されるハンズオフでの車線変更を示す矢印
運転者はハンズオフのままで車線変更する隣車線の安全を確認することが求められる。ホンダの動画からキャプチャーした。

 実際に試乗した感想は、一連の動作が非常に滑らかであるということだ。ただ、一方で、追い越しのために移る車線の後続車との車速差や距離といった制約が、法規による定めもあって、人間による運転時よりも大きめに取られていることから、自動での追い越しのシーンは想像よりは少なめとの印象だった。追い越してくれそうなのに、隣車線の後続車との関係でなかなか追い越してくれないというシーンが多々あった。