全1226文字
PR

 一般企業が自社だけの用途で構築できるプライベートの5G(第5世代移動通信システム)ネットワーク「ローカル5G」。市場の早期立ち上げに向け、通信事業者やシステム開発会社による導入・運用支援サービスが増えてきた。

 NTTコミュニケーションズは2021年3月31日、企業や自治体によるローカル5Gの構築や運用を総合的に支援するサービスを開始した。導入コンサルティングやローカル5Gの利用に不可欠な無線免許の申請、ネットワークの構築・保守まで一括して代行する。

NTTコミュニケーションズが提供するローカル5Gの構築・導入支援サービスの概要
NTTコミュニケーションズが提供するローカル5Gの構築・導入支援サービスの概要
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大の特徴はローカル5Gに必要な基地局などの機器を月額制のサブスクリプション(継続課金)型サービスとして提供する点。かさみがちなハードウエアの購入コストを抑えて導入を促す狙いだ。ネットワークの中心となる交換機をクラウド上に設置して貸し出すことでも設備コストを抑える。

ローカル5Gのコア設備も月額課金で貸し出す
ローカル5Gのコア設備も月額課金で貸し出す
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 費用は個別見積もりだが月額およそ150万円から。初期費用は別でNTTコムは1件につき数千万円ほどと見込んでいる。NTTコムによれば、買い切り型で同様のシステムを導入する場合の半額程度で済むという。