全2003文字
PR

 デンソーは2021年4月9日、トヨタ自動車の高度運転支援システム「Advanced Drive」向けに新たな製品を開発したと発表した。LiDAR(レーザースキャナー)とロケーター望遠カメラ、3種類のECU(電子制御ユニット)などである(図1)。

Advanced Drive向けに開発した製品
図1 Advanced Drive向けに開発した製品
(出所:デンソー)
[画像のクリックで拡大表示]

 このうち3種類のECUは、通信によって機能を更新できるOTA(Over The Air)に対応する。同日に開いたオンライン会見で同社経営役員の武内裕嗣氏は、「交通事故ゼロの実現を目指すなど、今後もクルマの安全・安心に貢献していく」と述べた(図2)。

武内裕嗣氏
図2 デンソー経営役員の武内裕嗣氏
(オンライン会見の画面をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタのAdvanced Driveは、高速道路と自動車専用道路を対象にした「レベル2+」の先進運転支援システム(ADAS)である。高級セダンの新型「レクサスLS」と燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」に搭載されている注1)。カー・ナビゲーション・システムで目的地を設定するとシステムが運転者を監視しながら、車線維持や車間維持、分岐、車線変更、追い越しなどの操作を支援する。

注1)トヨタは同システムを搭載する新型レクサスLSを21年4月8日に、新型ミライを同年4月12日に発売した。

 デンソーが新たに開発した製品のうち、LiDARは平面ミラーを用いたメカニカルスキャン方式の製品であり、「当社の第6世代の製品になる」(同社AD&ADAS事業部長の渡辺浩二氏)と言う(図3)。

渡辺浩二氏
図3 デンソーAD&ADAS事業部長の渡辺浩二氏
(オンライン会見の画面をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発品は870nmのレーザー光(近赤外線)を使い、前方の車両や道路の形状を検知する。降雪環境で利用しやすくするためのヒーター機能や、レーザー光の発信・受信部表面の汚れを除去するウオッシャー機能を、今回の製品で初めて搭載した(図4)。

メカニカルスキャン方式のLiDAR
図4 メカニカルスキャン方式のLiDAR
(出所:デンソー)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発品の検知距離(車両の場合)は200m以上、水平検知角は120度であり、従来品に比べて検知距離を2倍以上、水平検知角を3倍以上に向上させた。レーザーダイオードの出力や受光素子の感度を高めることで、検知距離を伸ばした。メカニカルスキャン方式を採用することで、自車前方の広い範囲の対象物を高精度で検知できるようにしたという。

 ロケーター望遠カメラには、近距離用と遠距離用の2種類のカメラを搭載する。このうち遠距離用のカメラは、近距離用カメラよりも水平水平検知角を狭くすることで角度当たりの画素数を増やし、遠くの対象物を鮮明に撮影できるようにした。遠距離用カメラの検知距離(車両の場合)は、LiDARと同じ200m以上である。

 従来のミリ波レーダーとステレオカメラに加えて、LiDARやロケーター望遠カメラ、高精度地図の情報を組み合わせることで、例えば、これまでより遠くの前方車両を検知できるようになり、自動ブレーキの性能を高められた。