全2380文字
PR

 中国のEVメーカーが持つ強みは、このように価格を抑えてEVを造れるという点に加えて、多くのEVを中国市場で走らせてきた実績や経験だ。それらを通じて、EVに関する知見を積み上げ、かつての中国製EVにみられた様々な問題点を把握し解決してきているとみられる。

 一方、日本の自動車メーカーは日産自動車など一部を除くと、EVの実績や経験を積み上げていくのはこれからだ。

 無論、EVにはハイブリッド車(HEV)や燃料電池車(FCV)の知見を生かせる部分はある。パワートレーン以外のところでは、これまでの自動車づくりの知見も生かせる。だが、エンジン車やHEVなどと比べたら、EVでは中国メーカーに対する日本メーカーの優位性はそこまで高くはないのかもしれない。価格の安さを考えると、中国製EVが日本メーカーの脅威になる可能性は現状では否定できないだろう。