全1475文字
PR

 車載半導体の供給難は2021年中の解消を見込むーー日本ガートナー(米Gartnerの日本法人)の山地正恒氏(ガートナー ジャパン リサーチ&アドバイザリ部門ディレクター、アナリスト)が、報道機関向けオンラインブリーフィングで語った(2021年5月11に開催)。この解消時期は、Gartnerがニュースリリースで発表した、22年第2四半期より早い。

半導体全体の在庫逼迫度
半導体全体の在庫逼迫度
(出所:米Gartner)
[画像のクリックで拡大表示]

 Gartnerが発表した22年第2四半期は半導体全体の見通しである。それよりも、車載半導体の供給難が解消、すなわち在庫が適正になる時期が早まる理由を山地氏はこう説明した。「多くの電子機器では生産量が落ち込むと、その後に落ち込みを穴埋めするように生産量を積み増すことが多い。一方、自動車の製造ラインでは、落ち込みを穴埋めするような積み増しは一般的には困難だ。ラインのキャパシティーに達すれば、そこで半導体の需要が落ち着く。このため、半導体全体に比べて車載半導体の方が早く、在庫が適正になると考えている」(同氏)。

 山地氏は21年の分野別半導体市場の見通しも紹介した。いずれの分野も2桁成長するとGartnerは予測している。最も高い成長率は車載半導体で、28.9%だとする。車載半導体は20年に落ち込んだため、21年にはそれが持ち直すことで、成長率が高まるとした。車載半導体に続く高い成長率は無線通信半導体で、20%。けん引するのは、5Gスマートフォンである。21年はどの分野でも供給難が続くため、チップ単価は高止まるとのことだった。

21年の分野別半導体市場
21年の分野別半導体市場
(出所:米Gartner)
[画像のクリックで拡大表示]