全1725文字
PR

 SUBARU(スバル)が予防安全性能で巻き返した。国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が2021年5月25日に発表した日本の自動車アセスメント(JNCAP)の最新の試験結果(20年度)で、同社の新型ステーションワゴン「レヴォーグ」が最高点を獲得した(図1)。

新型「レヴォーグ」
図1 予防安全性能で巻き返した新型「レヴォーグ」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 スバルの車両はこれまで、JNCAPの予防安全性能試験で他車に先行を許していた。条件が厳しい夜間歩行者(街灯なし)を対象にした自動ブレーキの19年度の試験では、トヨタ自動車や日産自動車、ドイツDaimler(ダイムラー)などに大きく差をつけられた。これに対して、20年度の予防安全性能試験で新型レヴォーグ(以下、新型車)は、トヨタ自動車の中型SUV(多目的スポーツ車)「ハリアー」と並んで満点となった。

 JNCAPが発表した20年度の同試験の結果をみると、新型車に標準搭載する先進運転支援システム(ADAS)「新世代アイサイト」は、(1)車両(昼間)と歩行者(昼間と夜間)を対象にした自動ブレーキ、(2)車線逸脱抑制、(3)高機能ヘッドランプ、(4)ペダル踏み間違いによる急加速抑制──などすべての項目で満点となった()。

新型レヴォーグの試験結果(20年度)
表 新型レヴォーグの試験結果(20年度)
(出所:スバル)
[画像のクリックで拡大表示]

ADASセンサーを刷新

 新世代アイサイトは車両前方を監視する主要ADASセンサーとして、ステレオカメラとミリ波レーダーを搭載する。ステレオカメラはフロントウインドー上部の室内側、新たに追加したミリ波レーダーは前部バンパーの両角に装着する。

 このうちステレオカメラは、従来の日立Astemo(日立アステモ)製からスウェーデンVeoneer(ヴィオニア)製に変えた。前部バンパーのミリ波レーダーもヴィオニア製である。ステレオカメラの夜間認識性能を高めたほか、高機能ヘッドランプを組み合わせたことが、高得点の獲得に寄与した(図2)。

ヴィオニア製のステレオカメラ
図2 ヴィオニア製のステレオカメラ
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]