全1479文字
PR

 タクシーの予約や配車に関するサービスを手掛けるMobility Technologiesは、飲食物をタクシーが宅配する「GO Dine(ゴーダイン)」を2021年5月19日から始めた。配送料は2000円からで、和洋中の高級レストランや料亭など57店舗の味を自宅で楽しめる点が特徴だ。現在のサービス提供エリアは東京都内11区。都内を走る日本交通のタクシー約5000台のうち約1000台が配送する。

GO Dineで注文できる「Restaurant REIMS YANAGIDATE」の料理例
GO Dineで注文できる「Restaurant REIMS YANAGIDATE」の料理例
(出所:Mobility Technologies)
[画像のクリックで拡大表示]

レストランはタブレットで配車状況を確認

 料理こそ高級だが、サービスの基本的な仕組みは「Uber Eats」などの自転車やバイクを使った宅配サービスと変わらない。GO Dineのスマホアプリから店舗を選び、商品や配送場所、日時を指定して事前決済するという流れだ。GO Dineの場合、高級食材の仕入れや、仕込みにかかる時間を考慮して、数時間前から数日前の注文が必要になっている。

 配送時間近くになると、店舗の近くを走行しているタクシーにシステムが自動で配車をかける。配車に応じたタクシーは店舗に向かい、料理を受け取る。この際の配車決めには人工知能(AI)を用いており、通常のタクシー配車と同様に時間帯ごとの道路の混み具合や車両の向きなどのデータを踏まえ、配車時間が短い車両を選ぶようにしている。

 店舗はタブレットを使って、店に向かっているタクシーが今どこにいるのかや、車両番号を確認できる。「いつタクシーが到着するか分かれば、それに合わせて作業できるため、店舗側の段取りもよくなる」(Mobility Technologiesの萩原修二新規事業グループグループリーダー)。タクシー運転手は助手席などに固定した保冷・保温バッグに受け取った料理を入れて配送先まで運ぶ、という流れになる。