全3232文字
PR

基調講演に理研の松岡氏が登壇

 最後に主なライブコンテンツを紹介する。まず基調講演。Technology部門、Circuits部門とも2件ある。Technology部門では、ファウンドリーの基調講演としてSamsungのSiyoung Choi氏(President, GM of Foundry Business, Device Solutions Division)と、製造装置メーカーの基調講演として米Applied Materials(アプライド マテリアルズ)のOm Nalamasu氏(SVP and CTO、Applied VenturesのPresidentも兼任)が登壇する。Circuits部門では、スーパーコンピューター開発者の基調講演として理化学研究所の松岡聡氏(計算科学研究センター センター⻑)と、GPU開発者として米AMD(Advanced Micro Devices)のMark Papermaster氏(CTO and EVP, Technology and Engineering)が登壇する。

Technology部門の基調講演
Technology部門の基調講演
(出所:2021 Symposia on VLSI Technology and Circuits)
[画像のクリックで拡大表示]
Circuits部門の基調講演
Circuits部門の基調講演
(出所:2021 Symposia on VLSI Technology and Circuits)
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか、プロセスと回路設計の協調を目指す「ジョイント・フォーカス・セッション」が合計5つ、それぞれの部門の「フォーカスセッション」が合計3つ、ジョイントパネル討論が1つ、それぞれの部門のパネル討論が1つずつある。

Technology部門とCircuits部門が共同で行うジョイント・フォーカス・セッション(JFS)
Technology部門とCircuits部門が共同で行うジョイント・フォーカス・セッション(JFS)
Technology部門主催のJFSは3件、Circuits部門主催のJFSは2件。(出所:2021 Symposia on VLSI Technology and Circuits)
[画像のクリックで拡大表示]
Technology部門のフォーカスセッションは2つ
Technology部門のフォーカスセッションは2つ
Circuits部門のフォーカスセッションは1つ。(出所:2021 Symposia on VLSI Technology and Circuits)
[画像のクリックで拡大表示]
Technology部門とCircuits部門が共同で行うパネル討論
Technology部門とCircuits部門が共同で行うパネル討論
司会は矢野和男氏(ハピネスプラネットCEO、日立製作所フェロー)が務める。(出所:2021 Symposia on VLSI Technology and Circuits)
[画像のクリックで拡大表示]
Technology部門とCircuits部門がそれぞれで行うパネル討論
Technology部門とCircuits部門がそれぞれで行うパネル討論
(出所:2021 Symposia on VLSI Technology and Circuits)
[画像のクリックで拡大表示]