全4542文字
PR

 自動ブレーキの夜間性能で、ホンダの小型車「フィット」が強さを見せた。ホンダの車両はこれまで、同ブレーキの夜間性能で他社に差を付けられていた。主要センサーを刷新した単眼カメラに絞り込み、JNCAPの最新試験ではトヨタ自動車や日産自動車などと並んで最高点を獲得した。
 今後の競争軸は、「昼間の自転車」や「交差点」などに移る。この中でも、ホンダは単眼カメラだけで乗り切る方針だ。一方で他社は、カメラとレーダーなど複数種類のセンサーを組み合わせるセンサーフュージョンの動きを加速させている。ホンダの評価次第で、他社の今後のセンサー戦略に影響を与える可能性がある。

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が行った「日本の自動車アセスメントプログラム(JNCAP)」の最新(20年度)の予防安全性能価において、ホンダのフィットが夜間歩行者を対象にした自動ブレーキ試験で最高点(満点)を獲得した(図1)。

夜間歩行者を対象にした自動ブレーキ試験(20年度)
図1 夜間歩行者を対象にした自動ブレーキ試験(20年度)
(a)街灯がある環境と(b)街灯がない環境における試験の様子。試験車両はホンダのフィットである。(出所:NASVA)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の先進運転支援システム(ADAS)「Honda SENSING」の主要センサーは、3つの世代に分かれる。初代のシステムは単眼カメラとミリ波レーダーを使う。先代フィットや小型SUV(多目的スポーツ車)の先代「ヴェゼル」などに搭載されており、同システムの自動ブレーキが対応するのは昼間の車両や歩行者だった。

従来システムでは他社に先行を許す

 第2世代システムも、単眼カメラとミリ波レーダーを使う。軽自動車の現行「N-BOX」から採用が始まり、中型SUV「CR-V」や中型セダン「アコード」などにも搭載されている。自動ブレーキは昼間の車両や歩行者に加えて、夜間歩行者にも対応できるとしていた。

 ただ、この第2世代システムの自動ブレーキは、夜間性能で他社に差をつけられた。条件が厳しい夜間歩行者(街灯なし)を対象にしたJNCAP試験(19年度)で、第2世代システムを搭載するホンダの3車種は、試験対象となった13車種の中で10位と11位、13位にとどまった注1)

注1)ホンダの3車種は中型車のアコードと軽自動車のN-BOX、N-WGNである。