全1215文字

 ヤフーがデジタルチケット販売サービス「PassMarket(パスマーケット)」において、埼玉県飯能市のテーマパーク「ムーミンバレーパーク」に顔認証で入場できるデジタルチケットの販売に乗り出した。通常の前売り入場チケットは2300円(中学生以上)だが、顔認証チケットは500円引きの1800円である。実証実験の位置づけで2021年6月27日まで期間限定で取り組む。

 顔認証チケットの購入や入園までの流れは以下の通りだ。PassMarketのチケット販売ページで、顔認証に使う顔画像をヤフーがどのように使うかなどの説明を確認・同意したあと、顔写真を撮影して登録する。

PassMarketの顔認証入園チケット販売ページ
PassMarketの顔認証入園チケット販売ページ
(出所:ヤフー)
[画像のクリックで拡大表示]

 希望する日程の顔認証チケットを購入し、当日は入園時に入り口のスタッフに顔認証の入園チケットであると伝え、スタッフが持つスマートフォンなどに顔を向けて承認を受ける。顔認証の技術にはNEC製と米Microsoft(マイクロソフト)製の2種類を使っている。

「ムーミンバレーパーク」で実施している顔認証による入場の様子
「ムーミンバレーパーク」で実施している顔認証による入場の様子
(出所:ムーミン物語)
[画像のクリックで拡大表示]

デジタルチケットを販売しているのに顔認証?

 PassMarket自体がデジタルチケットを販売するサービスであり、以前からムーミンバレーパークのデジタルチケットにおいても、スマホに表示させたQRコードを入り口で読み込ませる形で販売している。既にデジタル化しているチケットにさらに顔認証を追加する狙いはどこにあるのだろうか。